リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

広告文の作成時チェックポイント!入稿規定を確認しよう

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかく作成した広告文も、リスティング広告の規定を守っていなければ入稿はできません。そこで広告文を作成する前にチェックしておくべき入稿規定をまとめました。これから広告文を作成しようとしている方は是非ご確認ください。

 

文字数

文字数

まずはリスティング広告に利用できる広告文の文字数について確認しましょう。

Google AdwordsとYahoo!スポンサードサーチでは30文字・30文字・80文字となっています。全角および半角カナは2文字、半角英数記号は1文字としてカウントします。つまり日本語の漢字・ひらがなのみを使用する場合には15文字・15文字・40文字となります。

Yahoo!ディスプレイネットワークのテキスト広告では15文字・19文字・19文字で、全角も半角もすべて1文字としてカウントされます。

Yahoo!ディスプレイネットワークのレスポンシブ広告・インフィード広告では20文字・90文字で、全角も半角もすべて1文字としてカウントされます。その他に画像も必要になります。

 

使用できる記号

利用できる記号はGoogleとYahoo!スポンサードサーチとYahoo!ディスプレイネットワークでそれぞれ異なります。それぞれにあわせた記号を使用するようにしてください。また使用できる記号であっても適切ではない使い方の場合には入稿ができなくなります。

 

Google Adwords – 編集基準と表現

Yahoo! – 文字、記号の使用例

Yahoo!スポンサードサーチ – 入稿規定

YDN – 入稿規定

 

Yahoo!では使用できる記号を明示しているのに対して、Google Adwordsでは明らかにしていません。いろいろと試してみて、どうしても使用しなければならない記号が使えない場合には審査をリクエストできるようです。

 

記号の繰り返し

記号の繰り返し

!!や?!といった形で記号を繰り返して使用することはできません。

 

タイトルでの「!」使用(Google Adwordsのみ)

Google Adwordsではタイトルで過剰に目を引かせるような表現を禁止していますので「!」は利用できません。ですが「?」は使用できます。

 

最大級・最上級表現

最大級・最上級表現

日本一や世界初といった表現についても注意が必要で、Yahoo!スポンサードサーチおよびYDNテキスト広告では利用できません。Google AdwordsやYDN画像広告においても根拠のないものは審査に通ることはありません。もしも広告文に利用したい場合には次の条件を満たす必要があります。

<Google Adwords>

広告で誇張表現や比較表現を使用する場合は、ランディング ページに第三者による客観的な根拠を示してください。第三者は、ウェブサイトとは無関係の個人または団体である必要があります。消費者の声は第三者による客観的な根拠と見なされません。

<Yahoo!ディスプレイネットワーク 画像>

  • 第三者によるデータ出典・調査機関名および調査年を明記
  • 最新の1 年以内のデータ

Google Adwords – 不実表示

Yahoo – 最上級表示

 

商標

商標

商標権のある名称を広告文に含める場合には審査が必要になります。審査に落ちてしまった場合には、商標権のある企業や団体から許可を受ける必要があり、時間や手間が掛かりますので注意しましょう。

Google Adwords – 商標について

 

まとめ

  • 文字数
  • 記号
  • 最大級・最上級表現

媒体や商品によって入稿規定が異なりますので、広告文の作成になれていない方は、まずはヘルプページで確認するようにしましょう。

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • リスティング広告成功のための実践テクニック
    2015年04月
    1,728円

  • リスティング広告成功の法則新版
    2013年04月
    1,728円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • リスティング広告プロの思考回路
    2011年12月
    2,376円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング運用ノウハウ
-,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リスティング広告で効率的に複数のアカウントを運用する方法

リスティング広告で効率的に複数のアカウントを運用する方法

リスティング広告では複数のアカウントで運用したほうが効率的になる場合があります。広告代理店は当然に複数のアカウントで運用していますし、広告主によっては検索とディスプレイで分けるケースもあります。今回はリスティング広告で複数のアカウントで運用する方法を紹介したいと思います。   目次1 複数のアカウントで運用することのメリット2 効率的に複数のアカウントを運用する方法2.1 MCC(My … もっと読む


リスティング広告のロジックツリーとは

ロジックツリーとは?リスティング広告を改善する施策の見つけ方

ロジックツリーとは問題をツリー状にして解決策や対策を考える方法のことです。リスティング広告においてもロジックツリーは利用されています。改善に行き詰ったときなどに利用することで、次の一手が見つかりやすくなります。   目次1 リスティング広告のロジックツリー1.1 目的1.2 課題1.3 解決策2 もっと詳しく知りたい方!3 まとめ リスティング広告のロジックツリー Yahoo!プロモーシ … もっと読む

CPAを下げるためのたった二つの方法

リスティング広告でCPAを下げるためのたった二つの方法

CPAはリスティング広告における最も重要な指標といえます。そのためリスティング広告を運用する上でコンバージョンを計測することは必須であり、いかにCPAを抑えて効率的な運用をするかがポイントになります。今回は『CPAを下げるためのたった二つの方法』を紹介していきたいと思います。   目次1 CPCを下げる1.1 入札価格を下げる1.2 クリック単価の低いキーワードを追加する1.3 品質スコ … もっと読む

GDNで自動で画像が付与される問題と解決策

GDNで自動で画像が付与される問題と解決策

GDNではテキスト広告を入稿している場合であっても自動で画像が付与される場合があります。これには大きなメリットがありますが、注意しなければならないポイントもあります。今回はGDNにおける自動画像付与機能についての解説と不要な場合の解決策について紹介します。   目次1 自動画像付与機能について2 メリットとデメリット3 注意するポイント4 解決策5 まとめ 自動画像付与機能について Go … もっと読む

CPCが上がってしまった理由と対処方法

CPCが上がってしまった理由と対処方法

CPC(クリック単価)はCPA(コンバージョン単価)に大きく影響する要因のひとつです。そのため運用していく中で大きく変動してしまったときには何らかの改善施策が必要になります。今回はCPCが上がってしまった理由と、その対処方法について解説していきたいと思います。   目次1 競合が入札単価を変更したため2 品質スコアが変更されたため3 部分一致でのインプレッション数が変動したため4 まとめ … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930