リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

動的リマーケティングとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動的リマーケティングとは、Google Adwordsのプロダクトのひとつで、ユーザー毎に異なるクリエイティブを配信することのできる機能です。商品やサービスがひとつしかない広告主であれば通常のリマーケティングで問題ありませんが、膨大な商品を抱えるECサイトやポータルサイトを運営している場合には商品毎のクリエイティブを作成するのは至難の業です。また在庫がなくなったり、新しい商品がでてきた際に都度対応するのも非常に手間が掛かります。

動的リマーケティングを利用することで、ユーザーに合ったクリエイティブを自動で表示させ、CTRCVRの改善につながります。今回は「動的リマーケティング」について解説していきたいと思います。

 

クリエイティブを自動的に作成

クリエイティブを自動的に作成

ユーザーの興味に応じてクリエイティブを自動で出し分ける広告が、動的リマーケティングです。Aという商品を見たユーザーにはAのクリエイティブを、Bという商品を見たユーザーにはBというクリエイティブを表示することになります。

またAを見たユーザーには関連する、あるいは類似のCとDの商品も、Bを見たユーザーには関連するE、Fを表示します。1つのクリエイティブに対して、1~3つ程度の商品を紹介して、それぞれの商品ページへリンクさせることができるのも大きな特徴です。

 

動的リマーケティングに必要なもの

動的リマーケティングに必要なもの

  • リマーケティングタグ
  • フィード

動的リマーケティングには大きく2つ「リマーケティングタグ」、「フィード」が必要になります。

リマーケティングタグ

リマーケティングタグは通常のものとは異なります。業種によってタグが異なりますので、詳細に付いてはAdwordsヘルプをご確認ください。

業種に応じたカスタム パラメータを使用する – Adwordsヘルプ

 

不動産の場合

<script type=”text/javascript”>
var google_tag_params = {
listing_id: ‘REPLACE_WITH_VALUE’,
listing_pagetype: ‘REPLACE_WITH_VALUE’,
listing_totalvalue: ‘REPLACE_WITH_VALUE’,
};
</script>
<script type=”text/javascript”>
/* <![CDATA[ */
var google_conversion_id = *********;
var google_custom_params = window.google_tag_params;
var google_remarketing_only = true;
/* ]]> */
</script>
<script type=”text/javascript” src=”//www.googleadservices.com/pagead/conversion.js”>
</script>
<noscript>
<div style=”display:inline;”>
<img height=”1″ width=”1″ style=”border-style:none;” alt=”” src=”//googleads.g.doubleclick.net/pagead/viewthroughconversion/*********/?guid=ON&amp;script=0″/>
</div>
</noscript>

 

「REPLACE_WITH_VALUE」 にはページ毎に適切な値を入力します。

フィード

フィードとは商品管理データベースのことを指しています。使用可能なファイル形式には .csv .tsv .xls .xlsx があり、業種別に項目が異なります。業種別フィードのテンプレートはAdowrds管理画面からダウンロードできますので、それぞれダウンロードして活用してください。

 

フィードを作成できたら、Adwords管理画面からアップロードします。定期的に自動でアップロードしたい場合には次の方法があります。

  • Googleスプレッドシート
  • HTTP
  • HTTPS
  • FTP
  • SFTP

 

動的リマーケティングのタグ設置とフィードのアップロードが完了しましたら、キャンペーンや広告グループ設定、広告テンプレートの作成へと進みます。

 

まとめ

動的リマーケティングまとめ

  • 動的リマーケティングとはユーザーの興味関心に合わせたクリエイティブの自動作成機能
  • CTRやCVRの改善が期待できる
  • 動的リマーケティング用タグの設置とフィードのアップロードが必要

タグの設置やフィードの準備をするにはプログラミングの知識も必要なので、マーケティング担当者だけでするのは大変です。それゆえ実施できていない企業も多いのではないでしょうか。関係部署と協力しながら進めて、スムーズに開始できるよう調整してください。

 

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-, ,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは、クリック率のことです。広告の表示回数に対して、どのくらいクリックされたかの割合を表します。   CTRは以下の計算式によって求められます。 クリック数 ÷ 表示回数 × 100= CTR(%)   例えば、広告が1,000回表示され、そのうち10回クリックされた場合のCTRは1%になります。(10÷1,000×100=1%) … もっと読む


CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは、クリック単価のことです。1回のクリックで発生する費用のことを指しています。 当然ですが同じ予算であればCPCが低いほど、多くのクリックを獲得することができます。CPCを下がることが効率的なリスティング広告の運用には重要な要素になります。   目次1 入札単価とCPCの違い2 平均CPCの算出式3 平均CPCの目安4 CPCを下げるためには4.1 … もっと読む

CV(Conversion)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは、ウェブサイトのゴール・目的・成果を指します。Conversionは、英語で「変換」「転換」を意味しています。 ユーザーがコンバージョンに到った回数をコンバージョン数といい、1回につき1コンバージョンと数えます。 コンバージョンの定義はウェブサイトによって異なり、商品購入・予約・お問い合わせ・資料請求・会員登録などが考えられます。 リスティング広 … もっと読む

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは、コンバージョン単価のことです。1回あたりのコンバージョンに掛かった費用を指しています。ちなみにAcquisitionは英語で「獲得」「取得」を意味しています。   目次1 CPAの計算式2 もう一つのCPA計算式2.1 CPAを低く抑えるためには3 CPAの目安4 まとめ CPAの計算式 CPAは … もっと読む

CVR(Conversion Rate)とは

CVR(Conversion Rate)とは

CVR(Conversion Rate)とは、コンバージョン率のことです。英語でそのままコンバージョンレートとも言われます。コンバージョン率は、ウェブサイトへの訪問者がどのくらいの割合でコンバージョンに到ったのかを示しています。   CVRは以下の計算式により求められます。 コンバージョン数 ÷ クリック数 × 100 = CVR(%)   例えば、10件のコンバージョンを獲得 … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
友だち追加
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930