リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

GDNで自動で画像が付与される問題と解決策

注目の<運用広告>の求人募集を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GDNではテキスト広告を入稿している場合であっても自動で画像が付与される場合があります。これには大きなメリットがありますが、注意しなければならないポイントもあります。今回はGDNにおける自動画像付与機能についての解説と不要な場合の解決策について紹介します。

 

自動画像付与機能について

自動画像付与機能について

Google AdwordsまたはYahoo!プロモーション広告において、テキスト広告しか入稿していない場合においても、自動的に関連する画像が掲載されることがあります。単純なテキスト広告と比べると、画像が付与されることによって、CTRが上昇することが考えられます。

Google Adwordsではテキストと画像を組み合わせたクリエイティブを『ネイティブフォーマット』と『イメージフォーマット』に分けています。『ネイティブフォーマット』ではネイティブ広告として配信される可能性があり、フォントやデザインが掲載先によって変更されます。『イメージフォーマット』ではGoogle+のロゴやウェブサイトのファビコンが利用される場合があります。

参考:ディスプレイ ネットワークに掲載されるテキスト広告について – Adwordsヘルプ

 

メリットとデメリット

自動画像付与により、いままで画像を用意できていなかった広告主でも画像付きの広告が配信できるようになります。そしてCTRが上昇することによって、CPCを抑えることができたり、コンバージョン数を増加させることにつながります。

ただし、あくまで画像は自動で選択されるものですので、自身のイメージと違う画像がでてしまうかもしれません。ブランドを大切にする広告主やレギュレーションの厳しい商品などでは向かないでしょう。

 

注意するポイント

これらの自動画像付与機能はGoogle Adwords・Yahoo!プロモーション広告ともデフォルトで配信されることになっています。つまり配信したくない場合には、オンからオフに切り替える必要があります。これをしないと知らない間に知らない画像が配信されてしまいますので、注意が必要です。

 

解決策

解決策

Yahoo!プロモーション広告では管理画面上で、広告グループ単位で自動画像付与機能のオンオフが切り替えられるようになっています。

Google Adwordsにおいては都度、フォームから申請を行う必要があります。申請したい方は次のリンクをクリックしてください。

自動画像表示オプションとネイティブ広告枠のオプトアウト フォーム

 

まとめ

自動画像付与機能まとめ

  • 自動画像付与でCTRが高まることが期待できる
  • ブランドやイメージを大切にするなら自動画像付与はオフにする
  • Google Adwordsではフォームから申請して機能をオフにする

自動画像付与機能についてはメリット・デメリットを把握して使っていく必要がありますが、特に気を使わなくてもよいのであれば基本はオンのままで良いでしょう。

 

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • リスティング広告のやさしい教科書。
    2018年06月22日
    2,376円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本新版
    2018年10月17日
    1,944円

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • リスティング広告成功のための実践テクニック
    2015年04月
    1,728円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング運用ノウハウ
-,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リスティング広告のロジックツリーとは

ロジックツリーとは?リスティング広告を改善する施策の見つけ方

ロジックツリーとは問題をツリー状にして解決策や対策を考える方法のことです。リスティング広告においてもロジックツリーは利用されています。改善に行き詰ったときなどに利用することで、次の一手が見つかりやすくなります。   目次1 リスティング広告のロジックツリー1.1 目的1.2 課題1.3 解決策2 もっと詳しく知りたい方!3 まとめ リスティング広告のロジックツリー Yahoo!プロモーシ … もっと読む


タグマネージャー(GTM、YTM)でリスティング広告のタグを無料で一括管理!

タグマネージャー(GTM、YTM)でリスティング広告のタグを無料で一括管理!

タグマネージャーとは、その名のとおりタグを管理するツールのことです。タグマネジメントツール、ワンタグなどとも呼ばれています。 たとえば、リスティング広告にはコンバージョンタグ、リターゲティングタグ、さらにYahoo!スポンサードサーチ、Yahoo!ディスプレイネットワーク、Google Adwordsとそれぞれありますので、計6つのタグを管理する必要があります。一度ウェブサイトに設置してしまえば頻 … もっと読む

リスティング広告のログイン画面とログイン方法

リスティング広告のログイン画面とログイン方法

リスティング広告の管理画面にログインするためには、IDとパスワードが必要になります。IDとパスワードはリスティング広告を申し込むと発行されますので、大切に補完・管理しておいてください。今回はリスティング広告の管理画面にログインする方法について紹介したいと思います。 既にアカウントをもっている方は下記よりログインすることができます。お手持ちのIDとパスワードで管理画面にアクセスしてください。 Yah … もっと読む

リスティング広告の代理店手数料はいくら?広告代理店に支払う一般的な料金について

リスティング広告の代理店手数料はいくら?広告代理店に支払う一般的な費用・料金・価格について

リスティング広告の一般的な代理店手数料は広告費の20%とされています。100万円の広告費(Yahoo、Googleに支払う金額)であれば、20万円が代理店手数料となり、合計で120万円が請求されることになります。もちろん全体の予算が100万円上限であれば、100万円÷1.2=83.333万円が広告費となり、16.666万円が代理店手数料となります。   目次1 広告予算が大きいほど代理店 … もっと読む

キーワード毎の直帰率をチェックして、運用改善に活かす方法

キーワード毎の直帰率をチェックして、運用改善に活かす方法

単にリスティング広告を運用しているだけでは直帰率まではチェックする事ができません。直帰率をチェックするためにはアクセス解析ツールが必要になります。アクセス解析ツールと言えば無料で利用できるGoogle Analyticsが一般的でしょう。今回はGoogle Analyticsを利用して、リスティング広告の検索キーワード別の直帰率を確認する方法について紹介していきます。   目次1 なぜ直 … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31