リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

リマーケティングとリターゲティングの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『リマーケティング』と『リターゲティング』

非常に似ている言葉ですが、リスティング広告の運用者は使い分けています。間違った使い方をしていると、上手く会話が噛み合わない場合もありますので、しっかり把握しておきましょう。今回はリマーケティングとリターゲティングの違いについて紹介します。

 

リマーケティング(Remarketing)とは

Google Adwordsのディスプレイ広告(GDN)におけるターゲティング方法の一種で、一度ウェブサイトにアクセスしかことがあるユーザーに再訪問を促すための広告です。ウェブサイトにリマーケティングタグをいれておくことで、ターゲットとなるユーザーにCookieを付与することができ、ターゲットか否か識別することができるようになります。

オーディエンスマネージャーによって、特定のページを見たユーザー、特定の期間にアクセスしたユーザーなどをターゲットにしたオーディエンスリストを作成し、広告配信対象に指定します。

 

リターゲティング(Retargeting)とは

Yahoo!プロモーション広告のディスプレイ広告(YDN)におけるターゲティング方法の一種で、機能・仕組みとしてはリマーケティングと同じです。またYDNに限らず、その他のアドネットワーク(Facebook広告やTwitter広告など)やDSP(Criteo、FreakOutなど)でもリターゲティングという言葉が利用されます。

いずれも期間やページによってターゲットを指定する事ができ、単に訪問履歴のあるユーザーとするのではなく、より絞り込んだ配信が可能になります。

 

リマーケティングとリターゲティングの違い

リマーケティングというとGoogle Adwordsを指しますが、リターゲティングというとGoogle Adwords以外の広告になります。YDNのリマーケティングと言ってしまうと、結局どっちのことか分からなくなってしまいますので注意が必要です。

配信面

大きな違いは配信面にあるといえます。

リマーケティングはGoogleの提携パートナーのウェブサイトに、リターゲティング(YDN)はYahoo!の提携パートナーのウェブサイトに広告が配信されます。

YDNにはインフィード広告がありますので、通常のディスプレイ広告とともに設定しておきたいメニューです。インフィード広告については次の記事をご覧下さい。

インフィード広告とは

YDNインフィード広告とは

管理と設定

GDNとYDNでは設定方法に大きな違いがあります。

GDNでは1つの広告グループに複数のオーディエンスリストを設定できます。オーディエンスリスト毎に入札単価を調整できますので、管理が楽です。

対してYDNでは1つの広告グループに1つのリストしか設定できないので、複数のリストを設定したい場合には広告グループの数も増えてしまい、管理が複雑になってしまいます。(2017年11月現在) インタレストカテゴリーについては複数設定ができるようになったので、今後はできるようになるかもしれません。

 

まとめ

まとめ

機能や仕組みに大きな違いはないものの、使い方を間違えると恥ずかしいことになりますので是非覚えておいてください。

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • リスティング広告プロの思考回路
    2011年12月
    2,376円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング運用ノウハウ
-,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リスティング広告でコンバージョンを増加させる3つの方法

リスティング広告でコンバージョンを増加させる3つの方法

リスティング広告ではコンバージョンを獲得することを目的とする場合がほとんどです。コンバージョンを計測しないでは改善はありえません。そしてコンバージョンを増加させる、CPAを下げるために日々運用に取り組んでいく必要があります。今回は『リスティング広告でコンバージョンを増加させる3つの方法』について解説していきます。   目次1 CVRを上げる1.1 広告文を見直す1.2 リンク先URLを見 … もっと読む


リスティング広告の初期設定で知っておきたいアカウント構造(キャンペーン・広告グループ・キーワード・広告)

リスティング広告の初期設定で知っておきたいアカウント構造(キャンペーン・広告グループ・キーワード・広告)

アカウント構造とは、キャンペーン・広告グループ・キーワード・広告を設定する際のグルーピングのことを示しています。キャンペーンはいくつ必要で、その中には広告グループがいくつで、それに紐付けるキーワードと広告はどれにするかというのをリスティング広告の初期設定時に考えておく必要があります。アカウント構造によってリスティング広告の効果が大きく変わることもありますので、深く理解しておく必要があります。 &n … もっと読む

リスティング広告の代理店手数料はいくら?広告代理店に支払う一般的な料金について

リスティング広告の代理店手数料はいくら?広告代理店に支払う一般的な費用・料金・価格について

リスティング広告の一般的な代理店手数料は広告費の20%とされています。100万円の広告費(Yahoo、Googleに支払う金額)であれば、20万円が代理店手数料となり、合計で120万円が請求されることになります。もちろん全体の予算が100万円上限であれば、100万円÷1.2=83.333万円が広告費となり、16.666万円が代理店手数料となります。   目次1 広告予算が大きいほど代理店 … もっと読む

リスティング広告のCPC(クリック単価)を下げる4つの方法

リスティング広告のCPC(クリック単価)を下げる4つの方法

リスティング広告においてCPC(クリック単価)は重要な指標のひとつです。CVR(コンバージョン率)が変わらなければ、CPCを下げることでCPAを抑えることができます。いかにCPCを下がることができるかがリスティング広告の運用者に求められています。今回は「リスティング広告のCPCを下げる方法」を4つ、ご紹介します。   目次1 上限入札単価を下げる2 キーワードを変更する・追加する3 広告 … もっと読む

リスティング広告は地域ターゲティングで広告効果アップ!地域毎に入札単価を設定することも可

リスティング広告は地域ターゲティングで広告効果アップ!地域毎に入札単価を設定することも可

リスティング広告の機能の一つに『地域ターゲティング』があります。地域ターゲティングとは任意の地域・エリアにいるユーザーに対してのみ広告を表示する機能で、特にローカルビジネスを運営している企業には最も重要な機能の一つです。また地域毎に入札単価比率を調整することができますので、東京は強めに、埼玉は弱めにといったことも可能です。ターゲットとなる地域にいないユーザーに広告を配信してしまうと無駄なクリックが … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031