リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

類似ユーザーターゲティングとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

類似ユーザーターゲティングとは、ユーザーリストと類似しているユーザーに広告配信をできる興味関心型の広告です。ディスプレイ広告では同様の機能をSimilar Targeting(シミラーターゲティング)、Look a Like(ルックアライク)とも言われていますが、日本のGoogle AdwordsやYahoo!プロモーション広告では類似ユーザーターゲティングが一般的です。

 

特徴

リマーケティング広告は一度ウェブサイトに訪れたユーザーに再訪問を促す広告でしたが、類似ユーザーはサイトに訪れたことがなくても興味関心の高いユーザーに対して広告を配信できます。再訪問ではなく新規のユーザーを獲得したい場合には有効な配信手法になるはずです。

AdWords では、ディスプレイ ネットワークのサイトで過去 30 日間に行われた閲覧操作を分析して得られたデータとコンテンツ エンジンを駆使して、リマーケティング リストのユーザーに共通する関心の対象や特性を把握します。
引用:ディスプレイ ネットワークでの類似ユーザー機能について – Adwordsヘルプ

 

Yahoo!とGoogleでは少し定義が異なりますので、確認しておきましょう。

ターゲットリスト(類似)の場合、基となるターゲットリストの過去28日間の累積リーチ数が100件に満たないと、類似ユーザーが抽出されないため類似ユーザーは蓄積されません。
引用:ターゲットリストとは|ターゲットリスト(類似)- Yahoo!プロモーション広告

 

活用方法

類似ユーザーターゲティング|活用方法

類似ユーザーターゲティングを効果的に活用する方法としては、コンバージョンユーザーの類似ユーザーリストを利用することです。単にウェブサイトを訪れた人の類似ユーザーリストでは、確度の高い人から低い人まで幅広く拡張されてしまいます。

また類似ユーザーターゲティングは他のターゲティングとの併用が可能です。類似ユーザーで、かつ手動プレイススメントを設定すれば、母数は少なくなりますが、よりCTRCVRを高められることでしょう。

 

 

検索広告でも配信可能に

類似ユーザーターゲティング|検索広告でも配信可能に

類似ユーザーリストはディスプレイ広告のみの機能でしたが、Google Adwordsでは今後、検索広告向けにも配信ができるようになります(Similar Audiences for Search)。RLSA(Remarketing List for Search Ads)と同様にコンバージョンユーザーの類似ユーザーには配信を強化するなど、活用方法は色々とありそうですので、期待できますね。

 

まとめ

類似ユーザーターゲティングとは|まとめ

  • 類似ユーザーターゲティングとは、作成したユーザーリストと行動履歴が似ているユーザーをターゲティングする方法
  • 類似ユーザーターゲティングで自社の商品、サービスに関心の高そうな新規ユーザーを集客できる

いかがでしたでしょうか?類似ユーザーのリストはGoogleやYahoo!の分析結果によるものですので、精度に関して言えば試してみるしかないのではないでしょうか。アカウントや商材によって合う合わないもあると思いますが、新規ユーザーを集客したいという場合には是非ご活用ください。

 

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • リスティング広告成功のための実践テクニック
    2015年04月
    1,728円

  • リスティング広告成功の法則新版
    2013年04月
    1,728円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • リスティング広告プロの思考回路
    2011年12月
    2,376円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-, , ,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リスティング広告とは

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果に表示されるテキスト広告のことです。検索されたキーワードに応じて異なる広告を出稿することができます。 リスティング広告について基本的な内容を解説していきます。   目次1 リスティング広告の別称2 リスティング広告の特徴2.1 検索連動型2.2 クリック課金型2.3 オークション制2.4 低予算でも出稿できる3 主なリスティン … もっと読む


CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは、クリック率のことです。広告の表示回数に対して、どのくらいクリックされたかの割合を表します。   CTRは以下の計算式によって求められます。 クリック数 ÷ 表示回数 × 100= CTR(%)   例えば、広告が1,000回表示され、そのうち10回クリックされた場合のCTRは1%になります。(10÷1,000×100=1%) … もっと読む

CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは、クリック単価のことです。1回のクリックで発生する費用のことを指しています。 当然ですが同じ予算であればCPCが低いほど、多くのクリックを獲得することができます。CPCを下がることが効率的なリスティング広告の運用には重要な要素になります。   目次1 入札単価とCPCの違い2 平均CPCの算出式3 平均CPCの目安4 CPCを下げるためには4.1 … もっと読む

インプレッション数(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは広告の表示回数のことです。インプ(imp)と略されることもありますし、単位としても用いられます。1回の広告表示を1インプレッション、または1インプと呼びます。 リスティング広告はクリック課金型であるため広告の表示で課金されることはありませんが、ディスプレイ広告ではインプレッション課金型の広告もあります。   目次1 インプレッションと似ている用 … もっと読む

CVR(Conversion Rate)とは

CVR(Conversion Rate)とは

CVR(Conversion Rate)とは、コンバージョン率のことです。英語でそのままコンバージョンレートとも言われます。コンバージョン率は、ウェブサイトへの訪問者がどのくらいの割合でコンバージョンに到ったのかを示しています。   CVRは以下の計算式により求められます。 コンバージョン数 ÷ クリック数 × 100 = CVR(%)   例えば、10件のコンバージョンを獲得 … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930