リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

トップページプロモーションとは

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップページプロモーションとは、PC版Yahoo!JAPANトップページに表示されるテキスト広告のひとつで、YDN(Yahoo Display Network)にて配信ができます。取り扱いできるアカウントは制限されていますので、大手の広告代理店などに依頼をする必要があります。

 

2017年7月31日以降、「トップページプロモーション」の提供を終了します。詳しくは下記の記事をご覧ください。

YDNトップページプロモーション終了・リーディングテキスト機能強化のお知らせ

 

トップページプロモーションの広告枠

日本最大級のポータルサイト『Yahoo!JAPAN』のPC版トップページに表示することのできる数少ない広告であるトップページプロモーションは、右カラムの中段〔PR〕の表示がある10段くらいのテキスト広告です。

必ず表示される枠ではないため、もしかしたら確認できない方もいるかもしれません。特にCriteoでターゲティングされている場合には出現しにくいようです。その場合にはシークレットモードで再度トップページにアクセスしてみてください。

 

トップページプロモーションの特徴

最大の特徴はYahoo!JAPANのPC版トップページに掲載でき、膨大なインプレッション数を確保することです。ただし、目立たない枠であるため、CTR(クリック率)は低く、クリエイティブで大幅に改善することは難しそうです。

また、そのほかのYDN広告と同様にクリック課金で配信することができますので、無駄な費用が発生することはないといえます。ただしオークション制で10段の枠を競い合うことになりますので、場合によってはCPC(クリック単価)も高騰するでしょう。

 

トップページプロモーションの入稿規定

テキストのみ23文字で表示されます。スポンサードサーチと比較すると、かなり文字数が少なくなっています。また10段のテキストが並んでいるため、それらと差別化するためにも工夫する必要がありそうです。

 

トップページプロモーションで可能なターゲティング

Yahoo!JAPANトップページには多くのユーザーが集まりますので、適切なターゲティングが必要です。トップページプロモーションでは、下記のターゲティングが可能になっています。

 

まとめ

  • トップページプロモーションとは、Yahoo!JAPANトップページのYDNテキスト広告

トップページプロモーションについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?ターゲティング設定が豊富にあるため、上手く活用して広告の運用に役立ててください。

冒頭でも言及しましたが、トップページプロモーションは一部のアカウントでしか利用できないため、出稿したい場合には大手広告代理店に依頼するのが良いでしょう。

 

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • リスティング広告成功のための実践テクニック
    2015年04月
    1,728円

  • リスティング広告成功の法則新版
    2013年04月
    1,728円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • リスティング広告プロの思考回路
    2011年12月
    2,376円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは、クリック率のことです。広告の表示回数に対して、どのくらいクリックされたかの割合を表します。   CTRは以下の計算式によって求められます。 クリック数 ÷ 表示回数 × 100= CTR(%)   例えば、広告が1,000回表示され、そのうち10回クリックされた場合のCTRは1%になります。(10÷1,000×100=1%) … もっと読む


CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは、クリック単価のことです。1回のクリックで発生する費用のことを指しています。 当然ですが同じ予算であればCPCが低いほど、多くのクリックを獲得することができます。CPCを下がることが効率的なリスティング広告の運用には重要な要素になります。   目次1 入札単価とCPCの違い2 平均CPCの算出式3 平均CPCの目安4 CPCを下げるためには4.1 … もっと読む

検索クエリとは

検索クエリとは

検索クエリとは、検索語句、つまり検索したときの言葉やフレーズのことです。単にクエリともいいます。クエリ(Query)とは英語で「質問」や「要求」を意味しています。検索エンジンに質問や要求をすることを「検索する」というわけですね。   目次1 検索クエリとキーワードの違い2 検索クエリの確認と活用3 まとめ 検索クエリとキーワードの違い ほぼ同義ではありますが、リスティング広告では異なる意 … もっと読む

フリークエンシー(Frequency)とは

フリークエンシー(Frequency)とは

フリークエンシー(Frequency)とは、一人のユーザーに対する広告の接触頻度のことです。フリークエンシーは英語で「回数」や「頻度」を意味しています。 基本的にはディスプレイ広告で活用される指標で、フリークエンシーを最適にすることで、広告効果が高まると考えられています。   目次1 フリークエンシーコントロール2 フリークエンシーのレポート3 フリークエンシーキャップの最適な設定と効果 … もっと読む

リーセンシー(Recency)とは

リーセンシー(Recency)とは

リーセンシー(Recency)とは、ユーザーが広告に接触してからの期間・間隔のことです。つまり最後に広告を見てから、どのくらい時間が経っているかということになります。 リーセンシーは英語で「最近のこと」「直近のこと」を意味します。リーセント(Recent)は「最近の」という形容詞で、リーセンシーは名詞になります。 リーセンシーを適切に設定することで、広告の効率化ができると考えられます。リーセンシー … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930