リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

リスティング広告レポート作成を効率化する方法

注目の<運用広告>の求人募集を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告の分析項目は多岐に渡ります。分析には多くの時間を割かなければなりませんが、分析のためにレポートをまとめるにも時間が掛かっていることもあるのではないでしょうか?そのため、レポート作成作業はカンタンに行えるように簡略化しておき、工数を削減していかなければなりません。今回は時間の掛かるリスティング広告レポートを簡略化する方法について紹介していきます。

 

APIを利用してレポートを自動作成

APIを利用してレポートを自動作成

Google Adwords・Yahoo!プロモーション広告ではAPIを提供しています。APIはリスティング広告の各機能に接続するためのサービスですが、プログラミング技術を必要としています。技術者がいなければ難しいところではありますが、もしプログラミングができる人材がいるようであれば、APIを利用した自動レポート作成ツールを開発してみるのも良いでしょう。

APIを利用した自動レポート作成ツールはサードパーティーによるものもあります。費用は少し掛かりますが、毎月のレポート作業に多くの時間を費やしているようであれば検討してみてください。

 

レポートテンプレート作成で作業短縮

リスティング広告のレポートにはテンプレート機能があります。定期的に分析する項目についてはレポートをテンプレートにして、ワンクリックで作成することができます。インプレッション数やクリック数、コンバージョン数などの項目は自身で選択することができますが、テンプレート化できるレポートは次の通りです。

Yahoo!スポンサードサーチ

  • アカウントレポート
  • アカウント全体のレポート
  • キャンペーンレポート
  • 広告グループレポート
  • 広告レポート
  • キーワードレポート
  • 検索クエリーレポート
  • 最終リンク先URLレポート
  • 地域別レポート
  • 広告表示オプションレポート
  • 地域ターゲティングレポート
  • 曜日・時間帯ターゲティングレポート
  • 自動入札レポート
  • サイトリターゲティングレポート

Yahoo!ディスプレイネットワーク

  • アカウントレポート
  • アカウント全体のレポート
  • キャンペーンレポート
  • 広告グループレポート
  • 広告レポート
  • リンク先URLレポート
  • 広告配信先レポート
  • フリークエンシーレポート

Google Adwords

  • 広告表示オプション
    ・アプリリンク表示オプションの掲載結果
    ・電話番号表示オプションの掲載結果
    ・クーポン表示オプションの掲載結果
    ・サイトリンク表示オプションの掲載結果
    ・住所表示オプションの掲載結果
    ・コールアウト表示オプションの掲載結果
    ・サイトリンク表示オプションの掲載結果
  • ディメンション
    ・リンク先URLの掲載結果
    ・最終ページURLの掲載結果
    ・地域別の掲載結果
    ・ユーザーの所在地別の掲載結果
    ・検索キーワードの掲載結果
    ・検索広告とオーガニック検索の掲載結果
    ・料金が発生しないクリックに関する掲載結果
    ・通話データの詳細に関する掲載結果
    ・キャンペーンの詳細
    ・広告グループの詳細
  • ディスプレイネットワーク
    ・トピックに関する掲載結果
    ・自動プレースメントでの掲載結果(URL)
    ・自動プレースメントでの掲載結果(ドメイン)
    ・手動プレースメントでの掲載結果(URL)
    ・手動プレースメントでの掲載結果(ドメイン)
  • アカウントの掲載結果
  • キャンペーンの掲載結果
  • 広告グループの掲載結果
  • 広告の掲載結果
  • キーワードの掲載結果
  • ユーザーに関する掲載結果
  • 自動ターゲットに関する掲載結果

 

レポート作成作業はルーティンでやっている事がほとんどでしょう。つまり同じ作業を定期的に繰り返していると言うことですので、テンプレート化して効率化していくようにしましょう。

 

テンプレートレポートをメールで定期的に受信

テンプレートレポートをメールで定期的に受信

レポートをテンプレート化したら、定期的にメールで送信する設定も可能です。ダウンロードURLが送られてきますが、管理画面へのログインが必要になります。

またレポートはCSV形式になりますので、見やすくするためには体裁を整える必要があります。エクセルにデータをコピペで貼り付けるだけでグラフや書式が反映されるように予め整えておくと楽になりますね。

 

Google Data Studioで自動連携

Google Data Studioで自動連携

Google Data Studio(グーグルデータスタジオ)はご存知でしょうか?Google AdwordsやGoogle Analyticsと連携することでデータを取り込んで、ビジュアル化してくれる無料BIツールです。残念ながらYahoo!プロモーション広告を連携することはできませんが、CSVをインポートすることで同様にビジュアル化してくれます。

 

まとめ

まとめ

  • リスティング広告レポート作成はAPIで自動化できる
  • レポートをテンプレート化して定期的に作成できる
  • メールでレポートを定期的に送信できる
  • Google Data Studio(グーグルデータスタジオ)でビジュアル化

レポートに時間が掛かってしまい、改善に手が付けられないという方がいれば、試してみてください!

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

  • リスティング広告のやさしい教科書。
    2018年06月22日
    2,376円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • リスティング広告プロの思考回路
    2011年12月
    2,376円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング運用テクニック
-,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

『Adwords Express』と『らくアド』:リスティング広告の運用自動化サービス

『Adwords Express』と『らくアド』:リスティング広告の運用自動化サービス

「リスティング広告の運用は難しい・・・。」そう思っていませんか? 実はGoogle AdwordsにもYahoo!スポンサードサーチにもリスティング広告の自動化サービスがあります。初期設定が終われば、すぐにで掲載を始めることができます。煩雑で難しい設定などを省くことができますので、初心者の方や忙しくて時間がない方は試してみるのも良いでしょう。 ただし最大限に効果を出したいといった方にはオススメしま … もっと読む


リターゲティング広告で効果を出すベストプラクティス

リターゲティング広告で効果を出すベストプラクティス

リターゲティング広告(リマーケティング広告)は一度ウェブサイトに訪れたユーザーに再訪問させるよう促すための広告ですが、CV(コンバージョン)を獲得しやすくCPAも抑えられるため、多くの広告主が利用しています。ただしリターゲティング広告も運用しだいでは更に効果を高めることができます。今回は「リターゲティング広告で効果を出すベストプラクティス」を紹介していきたいと思います。   目次1 リー … もっと読む

競合他社に興味を持っているユーザーにターゲティングする広告メニュー【競合ターゲティング】

競合他社に興味を持っているユーザーにターゲティングする広告メニュー【競合ターゲティング】

近年ではユーザーの興味関心に基づいて広告を配信することが当たり前になってきました。商品に対して興味を持っているユーザーに対して広告を配信するわけですから、従来と比較して広告効果は高くなってきています。 そんな中でも注目されるのが競合ターゲティングです。自社と競合する商品・サービスに興味を持っているユーザーにターゲットをあてることで、広告の効果が高くなります。ある意味「横取り」を狙うことになりますの … もっと読む

リスティング広告のキーワード選定とマッチタイプ

リスティング広告のキーワード選定とマッチタイプ

リスティング広告の成否を分ける最も重要なこと、それは「キーワード選定」です。 どんなに良い商品やサービスを提供していても、ターゲットが間違っていたらコンバージョンするものもしません。ターゲットを考えるためには、自社の商品・サービスに興味があるユーザーは、どんなキーワードで検索しているのかを想定します。それほど難しいことでもないかもしれませんが、中にはとんでもないキーワードを設定してしまっている場合 … もっと読む

企業からアクセスしたユーザーをリマーケティングでターゲティングする方法

【BtoB】企業からアクセスしたユーザーをリマーケティングやRLSAでターゲティングする方法

BtoBビジネスの場合、ただリマーケティングするよりも企業からのアクセスにのみターゲットを絞り込んだほうが効果的だと考えられます。Google Adwordsでは企業からのアクセスかどうかを判断することはできませんが、Google Analyticsであれば可能です。今回は、企業からのアクセスしたユーザーをリマーケティングする方法を紹介します。   目次1 リマーケティングリスト作成の手 … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930