リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

広告表示オプションとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告表示オプションとは、リスティング広告の広告文に情報を追加できる機能です。

リスティング広告において必須となる広告文の項目は「タイトル」「説明文」「最終ページURL(最終リンク先URL)」がありますが、それらに加えて商品やサービスの特徴を付与することができます。

 

広告表示オプションのメリット

広告表示オプションにはいくつかの種類があり、それぞれにメリットがあります。期待されるメリットは大まかには以下の通りです。

  • 設定は無料
  • より正確に具体的にビジネスの特徴を伝えられる
  • クリック率が高まる
  • 掲載順位が高くなる
  • CPCが抑えられる
  • コンバージョンにつながりやすい

 

広告ランクに影響するというのは重要なポイントですので、覚えておいてください。

広告表示オプション付きの広告の広告ランクには、広告表示オプションやその他の広告フォーマットの見込み効果が反映されます。

広告表示オプションで広告に追加情報を表示する – Adwordsヘルプ

 

広告表示オプションの設定

Google Adwordsにおいては自動と手動があります。デフォルトでは自動になっていて設定する必要がありません。設定した覚えがないのに表示されている場合があるのは、このためです。自動で表示させたくない場合には、手動で設定するか自動での表示を削除しなければいけません。

Yahoo!スポンサードサーチにおいては手動のみになっているはずです。

 

広告表示オプションが表示されない場合

広告表示オプションは設定したからと言って必ず表示されるわけではありません。広告ランクが一定の基準に達している必要があります。表示されていない場合、入札単価を調整したり、品質を改善したりしてみてください。

表示されているかどうかは広告表示オプションからレポートを確認できます。

 

広告表示オプションの種類(2017年5月現在)

広告表示オプションには、いくつか種類があります。機能アップデートによって追加・変更されることもありますし、Google AdwordsとYahoo!スポンサードサーチで異なります。

すべてを利用する必要はないと思いますが、自身のビジネスの役に立つ広告表示オプションはどれかを考えて活用してみてください。

サイトリンク表示オプション(クイックリンクオプション)

Google Adwordsではサイトリンク表示オプション、Yahoo!スポンサードサーチではクリックリンクオプションといいます。

通常のリスティング広告では表示されたタイトルをクリックすることで設定したリンク先URLに遷移しますが、サイトリンク表示オプションを利用することでテキストともにリンク先を追加できます。

サイトリンク付きの広告を見たユーザーは、探しているページをすぐに開くことができます。

広告文の下に追加のリンク(サイトリンク)を表示する – Adwordsヘルプ

コールアウト表示オプション(テキスト補足オプション)

Google Adwordsではコールアウト表示オプション、Yahoo!スポンサードサーチではテキスト補足オプションといいます。

コールアウト表示オプションは、パソコンまたはモバイル端末で広告文の下に 2~4 つ表示されます。コールアウト表示オプション付きの広告は、Google 検索結果の上部または下部に表示されます。

コールアウト表示オプションについて – Adwordsヘルプ

構造化スニペット表示オプション

Adwordsのみにある機能で、Yahoo!スポンサードサーチでは実装されていません。(2017年5月現在)。

構造化スニペットは、広告内で商品やサービスの特定の側面を強調できる広告表示オプションです。

Adwords側で決められたヘッダー部分と任意の値を入力するリスト部分に分かれていて、文章ではなく商品やサービスの特徴となる『単語』を登録していくのが一般的です。

構造化スニペット表示オプションについて – Adwordsヘルプ

電話番号表示オプション

Google AdwordsおよびYahoo!スポンサードサーチで提供されています。

広告文とともに電話番号が表示されます。ユーザーがスマートフォンを使用して入れば、タップすることで電話を掛けることができます。

店舗やオフィスへの電話による問い合わせを増やすことが主なビジネス目標の場合は、電話専用キャンペーンがおすすめです。

電話番号表示オプションについて – Adwordsヘルプ

メッセージ表示オプション

Google Adwordsのみにある機能です。

新しい機能なので見掛ける機会があまりありませんが、チャット形式でコミュニケーションが取れるようになります。

メッセージ表示オプション付きの広告では、ユーザーは広告内のアイコンをクリックすることで、広告主様に直接 SMS メッセージを送ることができます。

メッセージ表示オプションについて – Adwordsヘルプ

住所表示オプション

Adwordsのみの機能です。

住所表示オプションを利用することで、広告文とともに会社や店舗の住所・地図を掲載することができます。検索とともにディスプレイ広告でも活用することができます。

住所表示オプションを有効にすると、モバイル、パソコンを問わず、検索ネットワーク、ディスプレイ ネットワーク、Google マップ上において、店舗情報を表示できます。

住所表示オプションについて – Adwodsヘルプ

アフィリエイト住所表示オプション

Adwordsのみの機能です。

アメリカ・イギリスで先行しているようですが、日本では機能はあるものの実用は先になりそうです。

大手小売チェーンを通じて製品を販売するメーカーの場合は、アフィリエイト住所表示オプションを使用して、商品を販売する近くの店舗を見つけるのに役立ちます。

アフィリエイト住所表示オプション – Adwordsヘルプ

価格表示オプション

Adwordsのみの機能です。

その名の通り、商品・サービスの価格を検索結果に表示させることのできるオプションです。複数の料金プランをもつサービスではユーザーに分かりやすく伝えることができるでしょう。

価格表示オプションは、パソコンとモバイルのどちらの端末でも表示される可能性があります。

価格表示オプションについて – Adwordsヘルプ

アプリリンク表示オプション

Adwordsのみの機能です。

アプリリンク表示オプションを利用することで、AndroidやiOSでアプリを展開している場合には、そのアプリストアへのリンクを追加することができます。

ユーザーは広告見出しをクリックしてサイトにアクセスするか、アプリへのリンクをクリックするかを選べます。

アプリリンク表示オプション – Adwordsヘルプ

レビュー表示オプション

Adwordsのみの機能です。

あまり目にすることはありませんが、レビュー表示オプションでは第三者から受けた評価を表示することができます。現在はパソコンのみに表示される仕様になっています。

レビュー表示オプションを使用すると、肯定的なレビュー記事や受賞に関する情報、サードパーティのランキングを Google 検索広告の下に表示することができます。

サードパーティのレビューを広告に表示する – Adwordsヘルプ

 

まとめ

  • 広告表示オプションとは、広告文に情報を追加できる機能
  • リスティング広告の改善に効果がある
  • ビジネスに応じて種類を使い分ける

広告表示オプションについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?追加や変更が多いので、こまめにチェックするようにしましょう。

 

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

  • リスティング広告プロの思考回路
    2011年12月
    2,376円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは、クリック単価のことです。1回のクリックで発生する費用のことを指しています。 当然ですが同じ予算であればCPCが低いほど、多くのクリックを獲得することができます。CPCを下がることが効率的なリスティング広告の運用には重要な要素になります。   目次1 入札単価とCPCの違い2 平均CPCの算出式3 平均CPCの目安4 CPCを下げるためには4.1 … もっと読む


CV(Conversion)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは、ウェブサイトのゴール・目的・成果を指します。Conversionは、英語で「変換」「転換」を意味しています。 ユーザーがコンバージョンに到った回数をコンバージョン数といい、1回につき1コンバージョンと数えます。 コンバージョンの定義はウェブサイトによって異なり、商品購入・予約・お問い合わせ・資料請求・会員登録などが考えられます。 リスティング広 … もっと読む

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは、コンバージョン単価のことです。1回あたりのコンバージョンに掛かった費用を指しています。ちなみにAcquisitionは英語で「獲得」「取得」を意味しています。   目次1 CPAの計算式2 もう一つのCPA計算式2.1 CPAを低く抑えるためには3 CPAの目安4 まとめ CPAの計算式 CPAは … もっと読む

CVR(Conversion Rate)とは

CVR(Conversion Rate)とは

CVR(Conversion Rate)とは、コンバージョン率のことです。英語でそのままコンバージョンレートとも言われます。コンバージョン率は、ウェブサイトへの訪問者がどのくらいの割合でコンバージョンに到ったのかを示しています。   CVRは以下の計算式により求められます。 コンバージョン数 ÷ クリック数 × 100 = CVR(%)   例えば、10件のコンバージョンを獲得 … もっと読む

検索クエリとは

検索クエリとは

検索クエリとは、検索語句、つまり検索したときの言葉やフレーズのことです。単にクエリともいいます。クエリ(Query)とは英語で「質問」や「要求」を意味しています。検索エンジンに質問や要求をすることを「検索する」というわけですね。   目次1 検索クエリとキーワードの違い2 検索クエリの確認と活用3 まとめ 検索クエリとキーワードの違い ほぼ同義ではありますが、リスティング広告では異なる意 … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031