リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

リターゲティング広告で効果を出すベストプラクティス

注目の<運用広告>の求人募集を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リターゲティング広告(リマーケティング広告)は一度ウェブサイトに訪れたユーザーに再訪問させるよう促すための広告ですが、CV(コンバージョン)を獲得しやすくCPAも抑えられるため、多くの広告主が利用しています。ただしリターゲティング広告も運用しだいでは更に効果を高めることができます。今回は「リターゲティング広告で効果を出すベストプラクティス」を紹介していきたいと思います。

 

リーセンシーで入札単価を最適化する

リーセンシーで入札単価を最適化する

リーセンシーによって入札単価を最適化していくことで、効果を高めることが可能です。

リーセンシーとはウェブサイトを訪れてからの期間のことを指します。ウェブサイトを訪れてから3日以内のユーザーと90日以上の期間が空いているユーザーでは当然、前者の方がコンバージョンしやすいといえます。そのため3日以内のユーザーには入札単価を強め、90日以上の期間が空いているユーザーは入札単価を弱めるようにします。

Google Adwordsでは1つの広告グループに対して複数のユーザーリストを紐付けることができ、入札単価もユーザーリスト毎に変えることができます。対してYahoo!ディスプレイネットワークでは1つの広告グループには1つのユーザーリストしか紐付けることができません。(2017年8月現在)ユーザーリスト毎に入札単価を変えるためには複数の広告グループを作成する必要がありますので、少し手間が増える形になります。

 

ページ別にユーザーリストを作成する

ページ別にユーザーリストを作成する

トップページしか見ていないユーザーと商品・サービス詳細ページを見ているユーザーでは、後者の方がコンバージョンの確度が高いといえます。リーセンシーでの解説と同様に、よりコンバージョンしやすいユーザーに対して、入札単価を高めるように運用した方が良いでしょう。

また、どの商品に対して興味を持っているかによってクリエイティブやリンク先ページを変えることでCTR・CVRが向上します。ユーザーリスト毎にクリエイティブを変えるためには複数の広告グループを作成することになります。

 

コンバージョンユーザーを除外する

コンバージョンユーザーを除外する

資料請求や来場予約が完了したユーザーに広告配信するのは、あまり効果的ではないでしょう。その場合にはコンバージョンユーザーのリストを除外して配信するのが望ましいといえます。リピーターを獲得したい場合には、逆にコンバージョンしたユーザーのみをターゲティングしても良いでしょう。商材やサービスによって異なりますので、適切な配信を心掛けてください。

 

特定の流入経路から来訪したユーザーのリストを作成する

特定の流入経路から来訪したユーザーのリストを作成する

リスティング広告において、通常は流入経路からユーザーリストを作成することはできません。しかし、Google AnalyticsとGoogle Adwordsを連携させることで流入経路別のユーザーリストを作成することが可能です。

あるいは特定の広告に対してパラメータを振っておくことで、セグメントすることも可能です。たとえば広告のリンク先を「https://○○○○○○.jp?utm_source=ydn&utm_medium=cpc&utm_campaign=target」としておけば、ydn・cpc・targetなどを含むURLを参照したユーザーをリストにできます。さらにトラッキングパラメータを利用することで、流入キーワード別のリスト作成も可能です。

 

企業からのアクセスに対してユーザーリストを作成する

企業からのアクセスに対してユーザーリストを作成する

BtoBの商材の場合、家庭からのアクセスは排除して、企業からのアクセスに絞り込んだ方が効果的です。Google Analyticsを利用して企業からのアクセスをユーザーリストにする方法は、以前に紹介した「【BtoB】企業からアクセスしたユーザーをリマーケティングやRLSAでターゲティングする方法」をご覧下さい。

 

イベント毎にリストを作成する

イベント毎にリストを作成する

Google Analyticsを活用することで、特定のイベント(クリックや滞在時間など)を行ったユーザーに対してリターゲティングすることも可能です。たとえばPDFにはリターゲティングタグを設置することができないのでリストに入れることはできませんが、PDFを見るというボタンをクリックしたユーザーというリストは作成することが可能です。

あるいは一定時間サイトに滞在しているユーザーに対してイベントを発火させてリストにすることができます。

 

組み合わせリストを作成する

組み合わせリストを作成する

これまで挙げたユーザーリストを組み合わせて、新しいリストを作成することも可能です。特定のページを閲覧して、かつ3日以内のユーザーというリストを作成することで、より絞り込んだ配信ができるでしょう。ただしユーザーのリストが少なくなりすぎると、そもそも配信ができない事態になりますので、絞りすぎには注意が必要です。

 

まとめ

まとめ

  • リーセンシー毎に入札単価を変える
  • 閲覧ページ毎に入札単価、クリエイティブを変える
  • コンバージョンユーザーを除外する
  • 流入経路毎にユーザーリストを作成する
  • 企業からのアクセスをユーザーリストを作成する
  • イベント毎にリストを作成する
  • 組み合わせリストを作成する

いかがでしたでしょうか?他にもありますので、これからも紹介していきたいと思います。

 

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

  • リスティング広告のやさしい教科書。
    2018年06月22日
    2,376円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • リスティング広告プロの思考回路
    2011年12月
    2,376円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング運用テクニック
-, , ,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

『Adwords Express』と『らくアド』:リスティング広告の運用自動化サービス

『Adwords Express』と『らくアド』:リスティング広告の運用自動化サービス

「リスティング広告の運用は難しい・・・。」そう思っていませんか? 実はGoogle AdwordsにもYahoo!スポンサードサーチにもリスティング広告の自動化サービスがあります。初期設定が終われば、すぐにで掲載を始めることができます。煩雑で難しい設定などを省くことができますので、初心者の方や忙しくて時間がない方は試してみるのも良いでしょう。 ただし最大限に効果を出したいといった方にはオススメしま … もっと読む


企業からアクセスしたユーザーをリマーケティングでターゲティングする方法

【BtoB】企業からアクセスしたユーザーをリマーケティングやRLSAでターゲティングする方法

BtoBビジネスの場合、ただリマーケティングするよりも企業からのアクセスにのみターゲットを絞り込んだほうが効果的だと考えられます。Google Adwordsでは企業からのアクセスかどうかを判断することはできませんが、Google Analyticsであれば可能です。今回は、企業からのアクセスしたユーザーをリマーケティングする方法を紹介します。   目次1 リマーケティングリスト作成の手 … もっと読む

リスティング広告レポート作成作業を簡略化する方法

リスティング広告レポート作成を効率化する方法

リスティング広告の分析項目は多岐に渡ります。分析には多くの時間を割かなければなりませんが、分析のためにレポートをまとめるにも時間が掛かっていることもあるのではないでしょうか?そのため、レポート作成作業はカンタンに行えるように簡略化しておき、工数を削減していかなければなりません。今回は時間の掛かるリスティング広告レポートを簡略化する方法について紹介していきます。   目次1 APIを利用し … もっと読む

不動産のリスティングで効果を出すためのテクニック!

不動産のリスティングで効果を出すためのテクニック!

不動産広告の特徴はエリアマーケティングにあります。その理由は東京の物件を大阪の人が探すことは少なく、東京あるいはその近郊の人が探していることが多いからです。そのため東京の物件については、ターゲットを東京のユーザーに絞って配信することが望ましいと言えます。 今回は、こうした不動産業界に特化したリスティング広告のテクニックを紹介していきたいと思います。   目次1 エリアターゲティング2 不 … もっと読む

競合他社に興味を持っているユーザーにターゲティングする広告メニュー【競合ターゲティング】

競合他社に興味を持っているユーザーにターゲティングする広告メニュー【競合ターゲティング】

近年ではユーザーの興味関心に基づいて広告を配信することが当たり前になってきました。商品に対して興味を持っているユーザーに対して広告を配信するわけですから、従来と比較して広告効果は高くなってきています。 そんな中でも注目されるのが競合ターゲティングです。自社と競合する商品・サービスに興味を持っているユーザーにターゲットをあてることで、広告の効果が高くなります。ある意味「横取り」を狙うことになりますの … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930