リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

サーチターゲティングとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サーチターゲティングとは、検索履歴に応じたターゲティング広告のことです。YDN(Yahoo Display Network)ではユーザーの検索履歴をデータとして蓄積して、指定したキーワードで検索したユーザーに広告配信することが可能になっています。

 

サーチターゲティングの特徴

リスティング広告である検索連動型広告は、ユーザーのニーズが検索クエリによって顕在化されているため、非常に有効なプロモーション施策です。その反面、競合が多く参入しCPC(クリック単価)が高騰してしまうという現象が起きます。

サーチターゲティングは検索クエリをターゲティングに活用できるというリスティング広告のメリットを享受しつつ、YDNという在庫量の大きいアドネットワークに配信できるため、CPCを抑えることができ効果が出しやすくなると考えられます。

つまり、リスティング広告とYDNのハイブリッド型の広告です。

 

また、YDNサーチターゲティングでは異なるデバイスであっても同一ユーザーと判断されれば、ターゲティングの対象となります。たとえば「リスティング」とパソコンで検索したユーザーが、パソコンでYDNのページを閲覧したときはもちろん、スマートフォンでYDNのページを訪れたときにも広告が配信されます。

 

YDNサーチターゲティングの設定

YDNサーチターゲティングを利用するには、まずYahoo!プロモーション広告に申し込み、アカウントの開設を行います。

サーチキーワードリスト作成

通常であればアカウントの開設が完了したら、YDNタブより新規キャンペーン作成、新規広告グループ作成へと進みます。サーチターゲティングの場合には、事前にサーチキーワードリストの作成を行います。

YDN>ツールをクリックして、サーチキーワードリスト管理>サーチキーワードリスト作成を選択します。次に設定項目について紹介します。

サーチキーワード

まず、どのようなキーワードで検索しているユーザーをターゲットにするのかを選択します。キーワードを入力するか、ランディングページのURLを入力することでサーチキーワードの候補を探すことができます。キーワードかページかは、チェックボックスによって切り替えることができますので、それぞれ使い分けてみてください。

検索するとサーチキーワードの候補が表示されます。検索ユーザー数が多い順に表示されますので、ターゲットにしたいキーワードを選択していきます。

検索しても候補に表示されないキーワードは設定することはできません。例えば、あまりにも検索数の少ないキーワードなどは表示されません。

ちなみに1アカウントに設定できるリスト数の上限は1,000件です。

また1つのリストに設定できるキーワード数の上限は500件です。

有効期間

検索されてからの日数を選択することが可能です。日数が少ない方が興味関心度が強いと考えれます。初期設定では最大の30日以内になっています。

  • 30日以内
  • 14日以内
  • 7日以内
  • 3日以内
  • 1日以内

検索回数

指定したキーワードを何回検索しているのか、ということも選択することが可能です。特段の理由がなければ1回以上で良いでしょう。初期設定では1回以上になっています。

  • 1回以上
  • 2回以上
  • 3回以上

キャンペーンおよび広告グループ、広告設定

サーチキーワードリストを作成したら、キャンペーン作成⇒広告グループ作成へと進みます。

キャンペーンの広告掲載方式はターゲティング、またはインフィード広告を選択します。インタレストマッチではサーチターゲティングを利用できませんので、注意してください。(2017年5月現在)

サーチターゲティングの設定は広告グループ単位で行われますので、広告グループのターゲティング設定よりサーチターゲティングを「設定する」を選択します。するとサーチキーワードリストの選択が表示されますので、事前に作成しておいたリストを選択します。

1つの広告グループに設定できるサーチキーワードリストは1つです。複数のサーチキーワードリストを利用したい場合には、複数の広告グループを作成する必要があります。キーワード毎にデータを分析したい場合には、サーチキーワードリストを分けて作成しておきます。

最後に広告を作成して終了です。

 

YDNサーチターゲティングの活用方法

サーチターゲティングはそれだけでも強力なターゲティング施策ですが、そのほかのターゲティングとも組み合わせて利用することが可能です。

YDNでは地域・時間・性別・年齢など、様々なターゲティングが可能ですので、上手く活用することが求められます。ただし絞り込みすぎてしまうと表示回数が大幅に減少してしまうので、バランスを取りながら設定を行います。

 

まとめ

  • サーチターゲティングとは、検索履歴に応じたターゲティング方法
  • サーチターゲティングはリスティング広告とYDNのハイブリッド

サーチターゲティングについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?膨大な検索履歴をデータとして活用できるのは、日本最大級の検索サイトYahoo!JAPANならではのサービスとも言えますので、まだの方は是非お試しください。

 

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • リスティング広告成功のための実践テクニック
    2015年04月
    1,728円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

  • リスティング広告プロの思考回路
    2011年12月
    2,376円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-, , ,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リスティング広告とは

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果に表示されるテキスト広告のことです。検索されたキーワードに応じて異なる広告を出稿することができます。 リスティング広告について基本的な内容を解説していきます。   目次1 リスティング広告の別称2 リスティング広告の特徴2.1 検索連動型2.2 クリック課金型2.3 オークション制2.4 低予算でも出稿できる3 主なリスティン … もっと読む


CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは、クリック率のことです。広告の表示回数に対して、どのくらいクリックされたかの割合を表します。   CTRは以下の計算式によって求められます。 クリック数 ÷ 表示回数 × 100= CTR(%)   例えば、広告が1,000回表示され、そのうち10回クリックされた場合のCTRは1%になります。(10÷1,000×100=1%) … もっと読む

インプレッション数(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは広告の表示回数のことです。インプ(imp)と略されることもありますし、単位としても用いられます。1回の広告表示を1インプレッション、または1インプと呼びます。 リスティング広告はクリック課金型であるため広告の表示で課金されることはありませんが、ディスプレイ広告ではインプレッション課金型の広告もあります。   目次1 インプレッションと似ている用 … もっと読む

CV(Conversion)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは、ウェブサイトのゴール・目的・成果を指します。Conversionは、英語で「変換」「転換」を意味しています。 ユーザーがコンバージョンに到った回数をコンバージョン数といい、1回につき1コンバージョンと数えます。 コンバージョンの定義はウェブサイトによって異なり、商品購入・予約・お問い合わせ・資料請求・会員登録などが考えられます。 リスティング広 … もっと読む

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは、コンバージョン単価のことです。1回あたりのコンバージョンに掛かった費用を指しています。ちなみにAcquisitionは英語で「獲得」「取得」を意味しています。   目次1 CPAの計算式2 もう一つのCPA計算式2.1 CPAを低く抑えるためには3 CPAの目安4 まとめ CPAの計算式 CPAは … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2018年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728