リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

しれっと高所得者、富裕層ターゲティングができるようになったアドワーズ広告

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高価格帯の商材を扱っている広告主であれば、必ず必要になるのが富裕層マーケティングです。いかに効率よく高所得者である富裕層にターゲティングできるかがポイントになりますが、リスティング広告ではなかなか難しいものです。今回はアドワーズ広告で富裕層ターゲティングが活用できるようになったという話です。富裕層広告に興味がある方は必見!

 

アドワーズの世帯収入別ターゲティング

アドワーズの世帯収入別ターゲティング

アドワーズ広告(Google Adwords)には以前から世帯収入別にターゲティングができる機能がありました。ただ世帯収入別のターゲティング機能はアメリカのみ対応していて、日本では入札単価の調整やセグメントをすることができませんでした。

今回、アドワーズ管理画面がリニューアルされたことにより日本でも世帯収入別のターゲティングが可能になりました。もちろん世帯年収別のレポートも確認することが可能です。現在は、アメリカ、日本、オーストラリア、ニュージランドでのみ使用可能とのことです。

 

Google が属性情報を識別する方法

Google が属性情報を識別する方法

ユーザー属性の識別方法について、Adwordsヘルプから引用します。

アカウントの設定や Google サービスでの行動から取得したユーザー属性が使われる可能性があります。

Google サービスやディスプレイ ネットワークでの行動に基づいて、その属性を推測することがあります。

あくまで可能性や推測なので、確実に正しいデータではないというのは注意しておきましょう。

その他のユーザー属性と掛け合わせ

グーグルが保有しているユーザー属性には、世帯年収の他に性別・年齢・子供の有無があります。

属性を掛け合わせて配信ができますので、以下のようなターゲティングも可能です。

  • 男性の富裕層
  • 女性の富裕層
  • 年齢の若い富裕層
  • 年齢の高い富裕層
  • 子供のいるファミリーの富裕層

 

世帯収入別セグメント

世帯収入別セグメント

以下のような形で世帯年収別に入札単価調整、あるいは配信設定(除外設定)が可能です。

  • 上位10%
  • 11~20%
  • 21~30%
  • 31~40%
  • 41~50%
  • 下位50%
  • 不明

 

上位10%なら富裕層ターゲティングとして活用

上位10%なら富裕層ターゲティングとして活用

世帯年収が上位10%のみ配信設定をして、その他は除外設定すれば富裕層ターゲティングとして活用できそうです。

検索連動型であるリスティング広告はもちろんですが、ディスプレイ広告でも設定できますので、これからどんどん試していくべきでしょう。

 

まとめ

富裕層ターゲティングまとめ

お金に余裕のある富裕層をターゲットにしたい広告主は多いはず。またそういった広告主ほど広告予算も多く掛けられる傾向にあるので、世帯年収の高い層には積極的に入札単価を高めていくべきでしょう。まだまだ新しい機能ですので、その精度については色々な意見があると思いますが、是非お試しください。

 

参考:ユーザー属性ターゲティングについて – Adwordsヘルプ

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • リスティング広告成功のための実践テクニック
    2015年04月
    1,728円

  • リスティング広告プロの思考回路
    2011年12月
    2,376円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング運用テクニック
-, , , ,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

『Adwords Express』と『らくアド』:リスティング広告の運用自動化サービス

『Adwords Express』と『らくアド』:リスティング広告の運用自動化サービス

「リスティング広告の運用は難しい・・・。」そう思っていませんか? 実はGoogle AdwordsにもYahoo!スポンサードサーチにもリスティング広告の自動化サービスがあります。初期設定が終われば、すぐにで掲載を始めることができます。煩雑で難しい設定などを省くことができますので、初心者の方や忙しくて時間がない方は試してみるのも良いでしょう。 ただし最大限に効果を出したいといった方にはオススメしま … もっと読む


企業からアクセスしたユーザーをリマーケティングでターゲティングする方法

【BtoB】企業からアクセスしたユーザーをリマーケティングやRLSAでターゲティングする方法

BtoBビジネスの場合、ただリマーケティングするよりも企業からのアクセスにのみターゲットを絞り込んだほうが効果的だと考えられます。Google Adwordsでは企業からのアクセスかどうかを判断することはできませんが、Google Analyticsであれば可能です。今回は、企業からのアクセスしたユーザーをリマーケティングする方法を紹介します。   目次1 リマーケティングリスト作成の手 … もっと読む

リターゲティング広告で効果を出すベストプラクティス

リターゲティング広告で効果を出すベストプラクティス

リターゲティング広告(リマーケティング広告)は一度ウェブサイトに訪れたユーザーに再訪問させるよう促すための広告ですが、CV(コンバージョン)を獲得しやすくCPAも抑えられるため、多くの広告主が利用しています。ただしリターゲティング広告も運用しだいでは更に効果を高めることができます。今回は「リターゲティング広告で効果を出すベストプラクティス」を紹介していきたいと思います。   目次1 リー … もっと読む

リスティング広告レポート作成作業を簡略化する方法

リスティング広告レポート作成を効率化する方法

リスティング広告の分析項目は多岐に渡ります。分析には多くの時間を割かなければなりませんが、分析のためにレポートをまとめるにも時間が掛かっていることもあるのではないでしょうか?そのため、レポート作成作業はカンタンに行えるように簡略化しておき、工数を削減していかなければなりません。今回は時間の掛かるリスティング広告レポートを簡略化する方法について紹介していきます。   目次1 APIを利用し … もっと読む

【電話やオフラインも要分析】通話コンバージョン数を計測する方法

【電話やオフラインも要分析】通話コンバージョン数を計測する方法

ウェブプロモーションでのCV(コンバージョン)はオンラインでの商品購入やお問い合わせフォーム入力完了だけではありません。CVとは広告の目的達成を示す指標ですので、目的を達成していればオフラインでのCVも多く有り得る訳です。オフラインでのCVには「実店舗、ショップへの来店・商品購入」、「電話でのお問い合わせ」などが考えられます。これらのCVも広告の効果として測定することで、より厳密な分析が可能になり … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031