リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

キーワード挿入機能とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワード挿入機能とは、検索クエリに応じたテキストを広告文に挿入することのできるリスティング広告の機能です。キーワードインサーションとも呼ばれ、Google Adwords・Yahoo!プロモーション広告の双方で活用できます。リスティング広告の運用者にとっては業務の効率化に役立ちますので、是非ご活用ください。

 

メリット

メリット

キーワード毎に広告文を変更するというのは、いまや当たり前のこととなっています。ただキーワード1つ1つに広告文を設定していくと、数千数万といったキーワードを設定していくと広告文も同じだけ必要になり、非常に手間が掛かってしまいます。そこでキーワード挿入機能を利用して、1種類の広告文でもキーワードに合わせて動的に表示させることができるようになります。

また検索クエリに応じた広告文になるため、CTRが高まると考えられます。さらにキーワードと広告文の関連性も高まり、品質スコアの改善も見込めるでしょう。品質スコアが高まることで、CPCを低く抑えられ、CPAも下がっていく可能性があります。

 

 

利用方法

キーワード挿入機能は{KEYWORD:補完テキスト}といった具合にして広告文の作成時に利用します。すると{}内は検索クエリが挿入され、文字数の関係などで検索クエリが入らない場合には補完テキストの部分が挿入されますので、任意の広告テキストを設定してください。

Google Adwords

{KeyWord:補完テキスト}

Yahoo!スポンサードサーチ

{KEYWORD:補完テキスト}

 

注意点

注意点

動的にテキストが挿入されますので、キーワードによっては意味が通じない広告文になる可能性があります。たとえば、

{KEYWORD:リスティング}ならリスティングブログ

とした場合、「リスティング」なら問題ありませんが、「リスティング 失敗」だと最悪です。文字数の関係でそうはならないかもしれませんが、同様のことは起こりえますので注意が必要です。

 

その他にも以下の点も確認しておくべきでしょう。

ユーザーの検索語句は必ずしもキーワードと一致するとは限らない点にご注意ください。
Google Adwordsヘルプ

広告が掲載される際に、キーワードを自動挿入するか補完テキストを挿入するかは弊社システムで判断しています。タイトルまたは説明文にキーワードが挿入された場合、タイトル・説明文が文字数制限を超えて表示される可能性があります。
Yahoo!プロモーション広告

 

まとめ

  • キーワード挿入機能とは、検索クエリに応じて広告文を動的に表示する機能

キーワード挿入機能は古くからありますが、新しい機能として広告カスタマイザもあり、広告文を簡単に設定できるようになっています。さらにDSA(動的検索広告)ではタイトルの設定も不要ですので、作業がどんどんシンプルになっていきますね。

 

参考:キーワードの挿入機能の概要 – Adwordsヘルプ

参考:キーワードの自動挿入機能の設定方法 – Yahoo!プロモーション広告

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • リスティング広告成功のための実践テクニック
    2015年04月
    1,728円

  • リスティング広告成功の法則新版
    2013年04月
    1,728円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • リスティング広告プロの思考回路
    2011年12月
    2,376円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは、クリック率のことです。広告の表示回数に対して、どのくらいクリックされたかの割合を表します。   CTRは以下の計算式によって求められます。 クリック数 ÷ 表示回数 × 100= CTR(%)   例えば、広告が1,000回表示され、そのうち10回クリックされた場合のCTRは1%になります。(10÷1,000×100=1%) … もっと読む


インプレッション数(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは広告の表示回数のことです。インプ(imp)と略されることもありますし、単位としても用いられます。1回の広告表示を1インプレッション、または1インプと呼びます。 リスティング広告はクリック課金型であるため広告の表示で課金されることはありませんが、ディスプレイ広告ではインプレッション課金型の広告もあります。   目次1 インプレッションと似ている用 … もっと読む

CV(Conversion)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは、ウェブサイトのゴール・目的・成果を指します。Conversionは、英語で「変換」「転換」を意味しています。 ユーザーがコンバージョンに到った回数をコンバージョン数といい、1回につき1コンバージョンと数えます。 コンバージョンの定義はウェブサイトによって異なり、商品購入・予約・お問い合わせ・資料請求・会員登録などが考えられます。 リスティング広 … もっと読む

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは、コンバージョン単価のことです。1回あたりのコンバージョンに掛かった費用を指しています。ちなみにAcquisitionは英語で「獲得」「取得」を意味しています。   目次1 CPAの計算式2 もう一つのCPA計算式2.1 CPAを低く抑えるためには3 CPAの目安4 まとめ CPAの計算式 CPAは … もっと読む

CVR(Conversion Rate)とは

CVR(Conversion Rate)とは

CVR(Conversion Rate)とは、コンバージョン率のことです。英語でそのままコンバージョンレートとも言われます。コンバージョン率は、ウェブサイトへの訪問者がどのくらいの割合でコンバージョンに到ったのかを示しています。   CVRは以下の計算式により求められます。 コンバージョン数 ÷ クリック数 × 100 = CVR(%)   例えば、10件のコンバージョンを獲得 … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930