リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

ROAS(Return On Advertising Spend)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ROAS(Return On Advertising Spend)とは、広告費用対効果のことです。支払った広告費用に対して、どのくらいの効果(売上)があったかを示す指標となります。リスティング広告においてはCPAなどとともに重要な指標となりますので、覚えておく必要があります。

 

ROASの計算式

ROAS = 売上 ÷ 広告費用 × 100(%)

ROASの計算式は上記のとおり、非常にシンプルです。10,000円の広告費用に対して、売上が50,000円だった場合のROASは500%となります。ROASが高いほど、広告の価値があるといえます。

 

入札戦略について

リスティング広告では様々な自動入札戦略を選択することができます。その中にはROASに基づいて自動入札(目標広告費用対効果)を行うものもあり、Google Adwords・Yahoo!スポンサードサーチとも活用が可能です。これを利用することにより、たとえばROASが高いキーワードや検索クエリに対して入札を強めて配信したり、逆にROASが低い場合には入札を抑えたりします。

ROASの計測方法

ROASでの自動入札を設定するためには、コンバージョンに対する値を設定する必要があります。管理画面から発行されるコンバージョンタグに売上となる数値を挿入します。カート機能のあるECサイトの場合にはコンバージョンごとに売上が異なりますので、動的な数値になります。

最大限の効果を出すために

自動入札はリスティング広告の作業を少なくして、最大限の効果を発揮するために役立ちます。しかし目標広告費用対効果を利用して効果を出すためには、下記の条件が推奨されています。

機械学習アルゴリズムが十分なデータに基づいて入札単価を設定できるようにし、最大限の成果を得るには、過去 30 日間に 50 回以上のコンバージョンを獲得していることが推奨されます。また、キーワード、広告グループ、キャンペーンで少なくとも数日間、上記と同じような割合でコンバージョン値を獲得していることも役立ちます。
引用:目標広告費用対効果(ROAS)による入札について – Adwordsヘルプ

  • 設定するキャンペーンにおいて、コンバージョン数が過去30日間に15件以上発生している(30件以上を推奨)
  • 広告グループに設定する場合は、上位のキャンペーンにおいて、コンバージョン数が過去30日間に15件以上発生している(30件以上を推奨)
  • 過去30日間に、一定のコンバージョン測定による売り上げが発生している
  • 直近の3日間において、5件程度のコンバージョンが発生している

引用:自動入札タイプ「コンバージョン単価の目標値」および「広告費用対効果の目標値」の設定条件について – Yahoo!プロモーション広告

コンバージョンが多く獲得できているアカウントでは、有効に機能するようです。

 

まとめ

  • ROASとは広告費用対効果のこと
  • リスティング広告ではROASに基づく自動入札ができる

いかがでしたでしょうか?コンバージョンの価値が一定でないにも関わらず、まだコンバージョンの値を設定できていないようであれば、まずは設定してみてください。

 

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • リスティング広告成功のための実践テクニック
    2015年04月
    1,728円

  • リスティング広告成功の法則新版
    2013年04月
    1,728円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • リスティング広告プロの思考回路
    2011年12月
    2,376円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-, ,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは、クリック単価のことです。1回のクリックで発生する費用のことを指しています。 当然ですが同じ予算であればCPCが低いほど、多くのクリックを獲得することができます。CPCを下がることが効率的なリスティング広告の運用には重要な要素になります。   目次1 入札単価とCPCの違い2 平均CPCの算出式3 平均CPCの目安4 CPCを下げるためには4.1 … もっと読む


インプレッション数(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは広告の表示回数のことです。インプ(imp)と略されることもありますし、単位としても用いられます。1回の広告表示を1インプレッション、または1インプと呼びます。 リスティング広告はクリック課金型であるため広告の表示で課金されることはありませんが、ディスプレイ広告ではインプレッション課金型の広告もあります。   目次1 インプレッションと似ている用 … もっと読む

CV(Conversion)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは、ウェブサイトのゴール・目的・成果を指します。Conversionは、英語で「変換」「転換」を意味しています。 ユーザーがコンバージョンに到った回数をコンバージョン数といい、1回につき1コンバージョンと数えます。 コンバージョンの定義はウェブサイトによって異なり、商品購入・予約・お問い合わせ・資料請求・会員登録などが考えられます。 リスティング広 … もっと読む

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは、コンバージョン単価のことです。1回あたりのコンバージョンに掛かった費用を指しています。ちなみにAcquisitionは英語で「獲得」「取得」を意味しています。   目次1 CPAの計算式2 もう一つのCPA計算式2.1 CPAを低く抑えるためには3 CPAの目安4 まとめ CPAの計算式 CPAは … もっと読む

検索クエリとは

検索クエリとは

検索クエリとは、検索語句、つまり検索したときの言葉やフレーズのことです。単にクエリともいいます。クエリ(Query)とは英語で「質問」や「要求」を意味しています。検索エンジンに質問や要求をすることを「検索する」というわけですね。   目次1 検索クエリとキーワードの違い2 検索クエリの確認と活用3 まとめ 検索クエリとキーワードの違い ほぼ同義ではありますが、リスティング広告では異なる意 … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930