リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

DSA(Dynamic Search Ads)とは

注目の<運用広告>の求人募集を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSA(Dynamic Search Ads)とは、Google Adwordsが提供する動的検索広告のことです。キーワードや広告文を自動的に生成して、広告を配信できるプロダクトです。

 

DSAの概要

通常の検索広告では、リンク先URLにあわせたキーワードと広告文を設定することで、それに基づいて検索広告が配信されます。DSAであればキーワードと広告文(見出し)の設定をすることなく配信が始められますので、大量のウェブページがあったとしても、それに応じたキーワードと広告文で配信されるため、効率的に配信することができ非常に効果的です。

 

DSAのキーワード

DSAで配信されるキーワードは、ウェブページのコンテンツをもとに決定されます。手動でキーワードを設定するよりも網羅されているので、多くのクリックを獲得できる可能性があります。見落としてたキーワードの発見にもつながるかもしれません。

 

DSAの広告文

DSAで配信される広告文は、ユーザーの検索クエリによって広告の見出しが決定されます。関連性の高い広告が配信されるため、CTRが高くなると考えられます。説明文については設定できるようになっていますので、独自のクリエイティブを設定します。広告表示オプションについても追加できるようになっています。

 

DSAでのターゲティング方法

DSAではリンク先にするウェブページを決めることで広告配信をコントロールできます。

ターゲットにできるページは次の方法で選択することが可能です。

  • すべてのページ
  • カテゴリに基づくページ
  • タイトルに特定の語句を含むページ
  • URL に特定の文字列を含むページ
  • 特定の語句を含むページ
  • ページフィード

大量のページに対しては一定のルールをもとに広告で誘導するページを選択できます。インデックスに登録されていないページについては、ページフィードでなければターゲットにできませんので注意が必要です。

またECサイトの場合には既に在庫がなくなった商品についても広告配信がされてしまうこともあります。その場合についてもフィードを利用することで解決ができます。

参考:動的検索広告について – Adwordsヘルプ

 

DSAの注意点

DSAでは自動的にキーワード・広告文が生成されるため、必要のないキーワードは除外していく必要があります。まったくの放置で運用ができるわけではないので注意が必要です。

初期設定にて考えられる不要なワードは除外設定しておき、広告配信が進む中でも検索語句レポートを確認して、改善していくようにします。

 

まとめ

  • DSAとは動的検索広告のこと
  • DSAを利用してキーワードと広告文を自動生成

いかがでしたでしょうか?大規模なウェブサイトのリスティング広告には欠かせない配信方法だと思いますので、有効に活用してください。

 

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • リスティング広告のやさしい教科書。
    2018年06月22日
    2,376円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

  • リスティング広告成功のための実践テクニック
    2015年04月
    1,728円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • リスティング広告プロの思考回路
    2011年12月
    2,376円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-, ,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは、コンバージョン単価のことです。1回あたりのコンバージョンに掛かった費用を指しています。ちなみにAcquisitionは英語で「獲得」「取得」を意味しています。   目次1 CPAの計算式2 もう一つのCPA計算式2.1 CPAを低く抑えるためには3 CPAの目安4 まとめ CPAの計算式 CPAは … もっと読む


検索クエリとは

検索クエリとは

検索クエリとは、検索語句、つまり検索したときの言葉やフレーズのことです。単にクエリともいいます。クエリ(Query)とは英語で「質問」や「要求」を意味しています。検索エンジンに質問や要求をすることを「検索する」というわけですね。   目次1 検索クエリとキーワードの違い2 検索クエリの確認と活用3 まとめ 検索クエリとキーワードの違い ほぼ同義ではありますが、リスティング広告では異なる意 … もっと読む

リターゲティング(Retargeting)とは

リターゲティング(Retargeting)とは

リターゲティング(Retargeting)とは、過去にウェブサイトへ訪問したことのあるユーザーをターゲティングして再来訪を促す広告のことです。 一般的にはリターゲティングと言いますが、Google Adwordsのリターゲティングを特に「リマーケティング(Remarketing)」、Yahoo!プロモーション広告では「サイトリターゲティング」とも言います。   リターゲティングは以前まで … もっと読む

インプレッションシェアとは

インプレッションシェアとは

インプレッションシェアとは、広告表示機会の総数のうち、実際に広告が表示された回数の割合です。 引用:インプレッションシェアとインプレッション損失率について – Yahoo! インプレッション シェア(IS)は、広告が表示可能だった合計回数のうち、広告が実際に表示された回数が占める割合です。 インプレッション シェア = 表示回数 / 広告が表示可能だった合計回数 引用:インプレッション … もっと読む

フリークエンシー(Frequency)とは

フリークエンシー(Frequency)とは

フリークエンシー(Frequency)とは、一人のユーザーに対する広告の接触頻度のことです。フリークエンシーは英語で「回数」や「頻度」を意味しています。 基本的にはディスプレイ広告で活用される指標で、フリークエンシーを最適にすることで、広告効果が高まると考えられています。   目次1 フリークエンシーコントロール2 フリークエンシーのレポート3 フリークエンシーキャップの最適な設定と効果 … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2018年7月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031