リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

CPCが上がってしまった理由と対処方法

注目の<運用広告>の求人募集を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CPC(クリック単価)はCPA(コンバージョン単価)に大きく影響する要因のひとつです。そのため運用していく中で大きく変動してしまったときには何らかの改善施策が必要になります。今回はCPCが上がってしまった理由と、その対処方法について解説していきたいと思います。

 

競合が入札単価を変更したため

競合が入札単価を変更したため

同じキーワードを入札している競合他社が入札単価を変更した場合、CPCが大きく変動する可能性があります。リスティング広告はオークション制のため、このような事が頻繁に起こりえる広告だといえるでしょう。

競合が入札単価を上げた場合、自社広告の掲載順位が低くなり、CTRが減少する・クリック数が減少する・CPCが上昇するなどの現象が起こりますので注意が必要です。逆に競合が入札単価を下げた場合、自社広告の掲載順位が高くなり、CTRが上昇する・クリック数が増加する・CPCが下がるということなどが起こります。

上記はあくまで一般的なことなので、実際には競合が入札単価を上げても自社広告のCPCが減少することも考えられます。大切なのは、そのキーワードが目標に対してクリアしているのかどうかですので、見極める必要があるといえます。

競合が入札単価を変更した場合、自社広告も入札単価を変更してのが最もシンプルな対処方法です。競合が入札単価を上げたら、自社広告も入札を上げてより上位を目指すというのも戦略のひとつですが、CPAが合わなければ順位を低いまま保つというのもアリでしょう。入札単価を引き上げずに勝負したい場合には、広告表示オプションを設定することや品質スコアを改善することが考えられます。どちらも非常に重要なことですので、CPCが上がってしまった場合に限らず、日頃から実施した方が良いでしょう。

 

品質スコアが変更されたため

品質スコアが変更されたため

品質スコアは常に一定ではなく、運用していく中で変化します。品質スコアが変更されると、掲載順位が変わり、CTR・クリック数・CPCに大きく影響を受けることになります。品質スコアがいつ変わるのかは分かりませんので、数値のチェックは頻繁にしておく必要があります。特に新しく入稿されたキーワードや広告文がある場合には数ヶ月で品質スコアが変更されることがありますので、注意しておきましょう。

品質スコアが悪くなってしまった場合には、掲載順位の低下、CTRの低下、クリック数の減少、CPCの上昇など広告効果の悪化要因になりますので、改善の必要があります。品質スコアを上げるためには広告文やランディングページの改善を行うことになります。A/Bテストを繰り返しながら改善をしてみてください。

品質スコアが良くなった場合には、掲載順位の上昇、CTRの上昇、クリック数の増加、CPCの低下などが起こりますが、基本的には広告効果が高くなるはずです。ただしクリックが増加してもCV(コンバージョン)に至らない場合には、入札単価を抑える・キーワードを停止するなどの対処を行います。

 

部分一致でのインプレッション数が変動したため

部分一致でのインプレッション数が変動したため

部分一致でキーワードを登録している場合には、意図していない検索クエリでの広告表示が増えることがあります。その検索クエリに対しての競合が多ければCPCが上昇する要因になりますし、少なければ減少する要因になるはずです。CPCが抑えられれば良いかと言えばそうでもなく、不要な検索クエリも含まれてしまう場合もあります。その場合には除外キーワード設定をするなどの対処が必要なります。

急激にインプレッション数やクリック数が増えると驚きますが、特に近年のインターネットでは情報の拡散力が高く、ネガティブな情報・ポジティブな情報を問わず、あっという間に広まります。「1週間アカウントを見ずにほっておいたら、酷い事になった!」なんてことがないよう、小まめにチェックしましょう。

 

まとめ

まとめ

CPCが高騰してしまう理由の多くは、競合の入札単価によるものが多いでしょう。ですが競合の入札単価はコントロールできるはずもなく、タイミングも分からないので、いつどのように対処すれば良いのか判断するのは難しいことです。そのため小まめにチェックすることはもちろん、自動入札を効率的に活用し、急な変化にある程度は対応できるようにしておくことも大切になるでしょう。

 

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • リスティング広告のやさしい教科書。
    2018年06月22日
    2,376円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本新版
    2018年10月17日
    1,944円

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • リスティング広告成功のための実践テクニック
    2015年04月
    1,728円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング運用ノウハウ
-,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リスティング広告のロジックツリーとは

ロジックツリーとは?リスティング広告を改善する施策の見つけ方

ロジックツリーとは問題をツリー状にして解決策や対策を考える方法のことです。リスティング広告においてもロジックツリーは利用されています。改善に行き詰ったときなどに利用することで、次の一手が見つかりやすくなります。   目次1 リスティング広告のロジックツリー1.1 目的1.2 課題1.3 解決策2 もっと詳しく知りたい方!3 まとめ リスティング広告のロジックツリー Yahoo!プロモーシ … もっと読む


リスティング広告でコンバージョンを増加させる3つの方法

リスティング広告でコンバージョンを増加させる3つの方法

リスティング広告ではコンバージョンを獲得することを目的とする場合がほとんどです。コンバージョンを計測しないでは改善はありえません。そしてコンバージョンを増加させる、CPAを下げるために日々運用に取り組んでいく必要があります。今回は『リスティング広告でコンバージョンを増加させる3つの方法』について解説していきます。   目次1 CVRを上げる1.1 広告文を見直す1.2 リンク先URLを見 … もっと読む

リスティング広告の初期設定で知っておきたいアカウント構造(キャンペーン・広告グループ・キーワード・広告)

リスティング広告の初期設定で知っておきたいアカウント構造(キャンペーン・広告グループ・キーワード・広告)

アカウント構造とは、キャンペーン・広告グループ・キーワード・広告を設定する際のグルーピングのことを示しています。キャンペーンはいくつ必要で、その中には広告グループがいくつで、それに紐付けるキーワードと広告はどれにするかというのをリスティング広告の初期設定時に考えておく必要があります。アカウント構造によってリスティング広告の効果が大きく変わることもありますので、深く理解しておく必要があります。 &n … もっと読む

タグマネージャー(GTM、YTM)でリスティング広告のタグを無料で一括管理!

タグマネージャー(GTM、YTM)でリスティング広告のタグを無料で一括管理!

タグマネージャーとは、その名のとおりタグを管理するツールのことです。タグマネジメントツール、ワンタグなどとも呼ばれています。 たとえば、リスティング広告にはコンバージョンタグ、リターゲティングタグ、さらにYahoo!スポンサードサーチ、Yahoo!ディスプレイネットワーク、Google Adwordsとそれぞれありますので、計6つのタグを管理する必要があります。一度ウェブサイトに設置してしまえば頻 … もっと読む

リスティング広告の代理店手数料はいくら?広告代理店に支払う一般的な料金について

リスティング広告の代理店手数料はいくら?広告代理店に支払う一般的な費用・料金・価格について

リスティング広告の一般的な代理店手数料は広告費の20%とされています。100万円の広告費(Yahoo、Googleに支払う金額)であれば、20万円が代理店手数料となり、合計で120万円が請求されることになります。もちろん全体の予算が100万円上限であれば、100万円÷1.2=83.333万円が広告費となり、16.666万円が代理店手数料となります。   目次1 広告予算が大きいほど代理店 … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31