リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

リスティング広告における7つの自動入札機能とは

 

注目の<運用広告>の求人募集を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動入札機能とは、リスティング広告の入札単価を一定のルールをもとに自動で調整する機能のことです。従来は広告グループ単位、キーワード単位での入札単価を手動で設定する必要がありましたが、自動入札機能を利用することで日々の運用業務を軽減させることができます。

自動入札機能には目的にあわせて7つの種類がありますので、紹介していきます。

 

自動入札機能①:検索ページの目標掲載位置

掲載順位を自動で調整したい場合には「検索ページの目標掲載位置」を使用します。検索結果の1ページ目に表示させるか、または上部に表示させるかを選択することができます。競合他社が入札を強化して掲載順位が下がってしまう場合でも、自動で入札単価を高めるので掲載順位が高いまま維持されます。

 

「検索ページの目標掲載位置」入札戦略について

 

自動入札機能②:目標とするコンバージョン単価

過去のデータをもとに目標とするCPA(コンバージョン単価)より低くコンバージョンを最大限に獲得できるように自動調整する機能です。

機械学習により十分なデータに基づいて入札単価を設定し、最大限の成果を得るには、過去 30 日間に 30 回以上のコンバージョンを獲得していることが推奨されます。また、広告グループやキャンペーンで少なくとも数日間は同程度のコンバージョンが発生していることも役立ちます。
目標コンバージョン単価制について – Adwordsヘルプ

以前はコンバージョンオプティマイザーという名称でしたが、目標コンバージョン単価制になりました。

 

自動入札機能③:目標広告費用対効果

コンバージョン値を設定している場合には、目標広告費用対効果を設定することもできます。目標広告費用対効果では過去30日間に50回以上のコンバージョンを獲得していることが推奨されています。

「目標広告費用対効果」による入札について

 

自動入札機能④:目標優位表示シェア

目標優位表示シェアとは、別の広告よりも高い掲載順位に表示されるように自動調整する機能です。競合よりも高い順位に掲載したい場合に有効です。

「目標優位表示シェア」による入札について

 

自動入札機能⑤:クリック数の最大化

キャンペーン予算内でクリック数を最大化にするように自動調整する機能です。

「クリック数の最大化」による入札について

 

自動入札機能⑥:コンバージョン数を最大化

過去のデータに基づいてコンバージョン数を最大化するよう入札単価を自動量精する機能です。

「コンバージョン数の最大化」による入札について

 

自動入札機能⑦:拡張CPC(eCPC)

コンバージョンが獲得できそうであれば。入札単価を自動で引き上げる機能です。

拡張クリック単価(eCPC)について

 

まとめ

まとめ

Google Adwordsの自動入札機能を中心に紹介しましたが、Yahoo!スポンサードサーチでも次の機能を利用できます。

  • 検索結果ページの目標掲載位置
  • クリック数の最大化
  • コンバージョン数の最大化
  • コンバージョン単価の目標値
  • 広告費用対効果の目標値

YDNでは未だ自動入札機能がありませんので手動での調整が必要です。

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • リスティング広告のやさしい教科書。
    2018年06月22日
    2,376円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本新版
    2018年10月
    1,944円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは、クリック率のことです。広告の表示回数に対して、どのくらいクリックされたかの割合を表します。   CTRは以下の計算式によって求められます。 クリック数 ÷ 表示回数 × 100= CTR(%)   例えば、広告が1,000回表示され、そのうち10回クリックされた場合のCTRは1%になります。(10÷1,000×100=1%) … もっと読む


CVR(Conversion Rate)とは

CVR(Conversion Rate)とは

CVR(Conversion Rate)とは、コンバージョン率のことです。英語でそのままコンバージョンレートとも言われます。コンバージョン率は、ウェブサイトへの訪問者がどのくらいの割合でコンバージョンに到ったのかを示しています。   CVRは以下の計算式により求められます。 コンバージョン数 ÷ クリック数 × 100 = CVR(%)   例えば、10件のコンバージョンを獲得 … もっと読む

広告表示オプションとは

広告表示オプションとは

広告表示オプションとは、リスティング広告の広告文に情報を追加できる機能です。 リスティング広告において必須となる広告文の項目は「タイトル」「説明文」「最終ページURL(最終リンク先URL)」がありますが、それらに加えて商品やサービスの特徴を付与することができます。   目次1 広告表示オプションのメリット2 広告表示オプションの設定3 広告表示オプションが表示されない場合4 広告表示オプ … もっと読む

SEM(Search Engine Merketing)とは

SEM(Search Engine Marketing)とは

SEM(Search Engine Marketing)とは、検索エンジンマーケティング、つまり検索エンジンのユーザーに対してマーケティング活動を行うことを意味しています。   目次1 SEMの定義2 SEMの重要性3 SEMの具体的な方法3.1 SEO3.2 リスティング広告3.3 その他4 まとめ SEMの定義 SEMにはSEOも含まれていますが、特にリスティング広告を指すことが多い … もっと読む

リーセンシー(Recency)とは

リーセンシー(Recency)とは

リーセンシー(Recency)とは、ユーザーが広告に接触してからの期間・間隔のことです。つまり最後に広告を見てから、どのくらい時間が経っているかということになります。 リーセンシーは英語で「最近のこと」「直近のこと」を意味します。リーセント(Recent)は「最近の」という形容詞で、リーセンシーは名詞になります。 リーセンシーを適切に設定することで、広告の効率化ができると考えられます。リーセンシー … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2018年10月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031