リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

レスポンシブ広告とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レスポンシブ広告とは、アドネットワークに表示される可変的なサイズの広告フォーマットのことです。従来のリスティング広告では300×250ピクセルや728×90ピクセルといった広告フォーマットが一般的でしたが、近年ではデバイスの多様化により、ディスプレイサイズやサイトにマッチした広告の表示が求められています。

 

レスポンシブ広告のメリット

レスポンシブ広告のメリットとして、まず広告の表示機会の損失を防げることでしょう。いままでであれば、300×250ピクセルの画像を入稿すると、そのサイズの広告枠にしか表示させることができませんでした。レスポンシブ広告であれば、どのサイズの広告枠にも表示させることができるためインプレッション数が増加すると考えられます。

バナーのリサイズをせずに配信できることもメリットのひとつです。次に挙げられるのはAdwordsで入稿できる広告フォーマットのサイズです。

  1. 200×200 スクエア (小)
  2. 240×400 レクタングル(縦長)
  3. 250×250 スクエア
  4. 250×360 トリプル ワイドスクリーン
  5. 300×250 レクタングル
  6. 336×280 レクタングル (大)
  7. 580×400 ネットボード
  8. 120×600 スカイスクレイパー
  9. 160×600 ワイド スカイスクレイパー
  10. 300×600 ハーフページ広告
  11. 300×1050 縦
  12. 468×60 バナー
  13. 728×90 ビッグバナー
  14. 930×180 トップバナー
  15. 970×90 ラージ ビッグバナー
  16. 970×250 Billboard
  17. 980×120 パノラマ
  18. 300×50 モバイル バナー
  19. 320×50 モバイル バナー
  20. 320×100 モバイル バナー(大)

全部で20サイズ・・・。全部作るのは大変です。レスポンシブ広告であれば、ほぼすべての広告サイズに対応することができます。

 

レスポンシブ広告の設定

レスポンシブ広告を配信するために必要な設定は次のとおりです。難しいものはなく、広告設定画面に従って進めば、すぐにできます。

Google Adwords

  • 画像
  • 短い広告見出し
  • 長い広告見出し
  • 広告文
  • 会社名
  • 最終ページURL

画像については無料のストック画像が用意されています。もちろんオリジナルの画像も追加可能です。オリジナル画像についてはウェブサイトをスキャンしてアップする方法や、サイズが違ってもトリミングしてくれる機能がついているので、とても素敵です。

Yahoo! Display Network

  • 画像
  • タイトル
  • 説明文
  • 主体者表記
  • 表示URL
  • リンク先URL
  • ボタン
  • ロゴ(任意)

Yahoo!ではテンプレートという掲載フォーマットにレスポンシブ広告の設定ができます。Adwordsとは違い、無料のストック画像がありませんので、オリジナルの画像を用意してください。1200×628ピクセル、または300×300ピクセルになります。インフィード広告と一緒です。

参考:テンプレート広告の画像フォーマット – Yahoo!

 

まとめ

  • レスポンシブ広告とは、可変サイズの広告フォーマットのこと
  • レスポンシブ広告によりインプレッションの増加、機会損失の防止につながる

いかがでしたでしょうか?まだレスポンシブ広告を設定していない場合には、是非お試しください。

 

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リスティング広告とは

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果に表示されるテキスト広告のことです。検索されたキーワードに応じて異なる広告を出稿することができます。 リスティング広告について基本的な内容を解説していきます。   目次1 リスティング広告の別称2 リスティング広告の特徴2.1 検索連動型2.2 クリック課金型2.3 オークション制2.4 低予算でも出稿できる3 主なリスティン … もっと読む

CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは、クリック単価のことです。1回のクリックで発生する費用のことを指しています。 当然ですが同じ予算であればCPCが低いほど、多くのクリックを獲得することができます。CPCを下がることが効率的なリスティング広告の運用には重要な要素になります。   目次1 入札単価とCPCの違い2 平均CPCの算出式3 平均CPCの目安4 CPCを下げるためには4.1 … もっと読む

インプレッション数(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは広告の表示回数のことです。インプ(imp)と略されることもありますし、単位としても用いられます。1回の広告表示を1インプレッション、または1インプと呼びます。 リスティング広告はクリック課金型であるため広告の表示で課金されることはありませんが、ディスプレイ広告ではインプレッション課金型の広告もあります。   目次1 インプレッションと似ている用 … もっと読む

CV(Conversion)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは、ウェブサイトのゴール・目的・成果を指します。Conversionは、英語で「変換」「転換」を意味しています。 ユーザーがコンバージョンに到った回数をコンバージョン数といい、1回につき1コンバージョンと数えます。 コンバージョンの定義はウェブサイトによって異なり、商品購入・予約・お問い合わせ・資料請求・会員登録などが考えられます。 リスティング広 … もっと読む

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは、コンバージョン単価のことです。1回あたりのコンバージョンに掛かった費用を指しています。ちなみにAcquisitionは英語で「獲得」「取得」を意味しています。   目次1 CPAの計算式2 もう一つのCPA計算式2.1 CPAを低く抑えるためには3 CPAの目安4 まとめ CPAの計算式 CPAは … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
友だち追加
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930