リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

リーセンシー(Recency)とは

注目の<運用広告>の求人募集を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リーセンシー(Recency)とは、ユーザーが広告に接触してからの期間・間隔のことです。つまり最後に広告を見てから、どのくらい時間が経っているかということになります。

リーセンシーは英語で「最近のこと」「直近のこと」を意味します。リーセント(Recent)は「最近の」という形容詞で、リーセンシーは名詞になります。

リーセンシーを適切に設定することで、広告の効率化ができると考えられます。リーセンシーについて、もっと詳しく解説していきます。

 

リーセンシー効果

消費者が商品を購入する際、直前に接触した広告に影響されることを「リーセンシー効果」「リーセンシー理論」といいます。

空間・行動的に購入に近い「近接性」、心理的に購入準備のできているときに広告メッセージを届ける「受容性」による2つの切り口がある。

投資効果を上げるため、高いリーセンシーを持つ消費者に対する広告露出を高める方法を考えることをリーセンシー・プランニングという。

引用:リーセンシー効果 – Weblio辞書

 

リスティング広告である検索連動型広告が効果的な理由は、まさに商品や情報を探している人に対してメッセージを届けられ、リーセンシー効果が高いからといえるでしょう。

 

リーセンシー別のターゲットリスト(ユーザーリスト)作成

リターゲティング(リマーケティング)ではリーセンシー別のターゲットリスト(ユーザーリスト)を作成することで、広告の配信を最適化できます。

具体的にはターゲットリスト作成時に有効期間を設定します。ウェブサイトに訪問してから7日以内のユーザーをターゲットにしたい場合には、有効期間を7日にします。同様に14日、21日、28日と作成すると合計4つのターゲットリストができます。

  • 7日以内のユーザー = 購入意欲が高い
  • 14日以内のユーザー = 購入意欲がやや高い
  • 21日以内のユーザー = 購入意欲がやや低い
  • 30日以内のユーザー = 購入意欲が低い

作成されたターゲットリスト毎に入札単価の調整をしたり、広告文を変えたりすることで、広告効果が高まります。これがリターゲティングにおけるリーセンシー・プランニングというわけです。是非お試しください。

 

リーセンシーとフリークエンシー

混同される方が多いようですので、念のために。リーセンシーが時間を表すことに対して、フリークエンシーは頻度を表します。

リーセンシーは「購買の直前に広告を出すと効果的」であるのに対して、フリークエンシーは「広告を出す頻度を適切に」ということです。どちらも重要ですが、誤ったまま用語を使ってしまうと通じません。

 

まとめ

  • リーセンシーとは広告の接触期間・間隔
  • リーセンシーを適切に設定することで広告効果が高まる

リーセンシーについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?人によってニュアンスが多少異なるかもしれませんので、注意が必要です。「リーセンシー効果」「リーセンシー理論」については、正しく理解しておいた方が良さそうです。

 

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • リスティング広告のやさしい教科書。
    2018年06月22日
    2,376円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-, ,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リスティング広告とは

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果に表示されるテキスト広告のことです。検索されたキーワードに応じて異なる広告を出稿することができます。 リスティング広告について基本的な内容を解説していきます。   目次1 リスティング広告の別称2 リスティング広告の特徴2.1 検索連動型2.2 クリック課金型2.3 オークション制2.4 低予算でも出稿できる3 主なリスティン … もっと読む


CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは、クリック率のことです。広告の表示回数に対して、どのくらいクリックされたかの割合を表します。   CTRは以下の計算式によって求められます。 クリック数 ÷ 表示回数 × 100= CTR(%)   例えば、広告が1,000回表示され、そのうち10回クリックされた場合のCTRは1%になります。(10÷1,000×100=1%) … もっと読む

インプレッション数(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは広告の表示回数のことです。インプ(imp)と略されることもありますし、単位としても用いられます。1回の広告表示を1インプレッション、または1インプと呼びます。 リスティング広告はクリック課金型であるため広告の表示で課金されることはありませんが、ディスプレイ広告ではインプレッション課金型の広告もあります。   目次1 インプレッションと似ている用 … もっと読む

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは、コンバージョン単価のことです。1回あたりのコンバージョンに掛かった費用を指しています。ちなみにAcquisitionは英語で「獲得」「取得」を意味しています。   目次1 CPAの計算式2 もう一つのCPA計算式2.1 CPAを低く抑えるためには3 CPAの目安4 まとめ CPAの計算式 CPAは … もっと読む

CVR(Conversion Rate)とは

CVR(Conversion Rate)とは

CVR(Conversion Rate)とは、コンバージョン率のことです。英語でそのままコンバージョンレートとも言われます。コンバージョン率は、ウェブサイトへの訪問者がどのくらいの割合でコンバージョンに到ったのかを示しています。   CVRは以下の計算式により求められます。 コンバージョン数 ÷ クリック数 × 100 = CVR(%)   例えば、10件のコンバージョンを獲得 … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2018年8月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031