リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

直帰率(Bounce Rate)とは

注目の<運用広告>の求人募集を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

直帰率(Bounce Rate)とは、ウェブサイトへの訪問者が最初のページのみを見て離脱してしまう割合のことです。リスティング広告ではレポートに表示されませんので、Google AnalyticsやYahoo!アクセス解析でデータを収集する必要があります。

 

直帰率の定義

アクセス解析ツール後との直帰率の定義を確認しておきます。

ページを移動した場合の「直帰率」については下記条件に基づいて計測する(文中の解析IDは仮ID)。
(1)以下のケースでは、サイトの滞在時間に関係なく「直帰」として計測。
・Yahoo!アクセス解析用タグ(以下、解析用タグ)を設置したページ→他サイトへ移動
・解析用タグを設置したページ(解析ID:A)→解析用タグを設置したページ(解析ID:A以外)へ移動
(2)以下のケースでは、ページ間の移動が30分以内であれば「直帰」とはせず、移動までの時間が30分より長い場合は「直帰」として計測。
※最初のページを開いた状態で移動先のページを別ウィンドウや別タブで開いた場合も同様。
・解析用タグを設置したページ(解析ID:B)→解析用タグを設置したページ(解析ID:B)へ移動
・解析用タグを設置したページ(解析ID:C)→他サイトへ移動→解析用タグを設置したページ(解析ID:C)へ移動(本ケースでは3番目のページに移動するまでの時間が対象)

引用:Yahoo!アクセス解析 用語集

直帰とは、サイト内の 1 ページしか閲覧されなかったセッションのことです。Google アナリティクスの場合、Google アナリティクス サーバーに対するリクエストを 1 回だけ発生させたセッションを特に区別して直帰として扱います。たとえば、ユーザーがサイト内のページを開いた後で、そのセッション中に Google アナリティクス サーバーに対する他のリクエストを発生させずに離脱した場合、このセッションは直帰のセッションになります。

直帰率とは、1 ページのみのセッション数をすべてのセッション数で割った値のことです。つまり、すべてのセッションの中で、ユーザーが 1 ページのみ閲覧して、Google アナリティクス サーバーに対するリクエストを 1 回のみ発生させたセッションが占める割合のことです。

引用:直帰率 – アナリティクスヘルプ

 

直帰率が低い場合

直帰率が低い場合には、ユーザーがウェブサイトを良く見ていて回遊してくれているといえます。商品やサービスに興味関心を高く持ってくれていることが分かります。

そういったユーザーはコンバージョンする可能性が高いため、途中で離脱してしまってもリターゲティングで再訪問をさせるなどの施策が有効だと考えられます。

 

直帰率が高い場合

直帰率が高い場合、あまりユーザーが関心を持ってくれていない、目的となるコンテンツが見つからないといった可能性が考えられます。なるべく多くのページを見てもらいたいなら、ウェブサイトのUI・UXを改善していきましょう。

またリスティング広告を出稿していてキーワードごとの直帰率を確認することで、有効なキーワードかどうか分析できます。コンバージョンがなかなか獲得しにくい商材の場合には有効な分析方法です。直帰率が高いキーワードの場合にはランディングページの設定が適切ではないかもしれませんので、見直してみましょう。

 

ただし『直帰率が高い=効果が悪い』というのは一概には言えません。1ページで構成されているランディングページや自然検索での流入を見込むブログ記事などは当然に低くなります。サイトの目的に応じて目標を設定することが大事になります。

 

直帰率の問題点

直帰率の問題点として、ウェブサイトへの滞在時間は考慮されないことにあります。上記に挙げたブログ記事の例でもありますが、優れたコンテンツであっても直帰率が高いということは十分に有り得ることです。

その場合にはページの滞在時間や読了率などを目標に設定することが望ましいといえます。ただし、これらの数値は一般的なタグを設置させるだけでは計測できないため、タグのカスタマイズが必要になります。

 

 

まとめ

  • 直帰率とは、最初のページのみを見てサイトから離脱してしまう割合
  • 滞在時間などは考慮されない
  • 『直帰率が高い=効果が悪い』わけではない

 

直帰率について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?直帰率を分析して、ウェブサイトのデザインやリスティング広告のキーワード選定に役立ててください!

 

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本新版
    2018年10月
    1,980円

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年07月
    2,035円

  • 絶対『英語の耳』になる!37のインタビューで鍛える!
    2015年01月30日頃
    2,640円

  • 絶対『英語の耳』になる!TVドラマ・シーンで鍛える!
    2015年04月30日頃
    2,420円

  • 意識の科学
    1986年10月
    2,420円

  • VOAトークショウの英語
    2006年06月
    1,870円

  • 「役を生きる」演技レッスン
    2010年05月
    2,750円

  • 施設参謀
    2015年10月30日頃
    1,760円

  • ボトムアップ式 映画英語のリスニング ファティマに何が起こったか
    2016年05月13日頃
    1,980円

  • 日本語ネイティブが苦手な英語の音とリズムの聞き方がいちばんよくわかるリスニングの教科書
    2020年07月13日頃
    1,980円

  • 3ステップ式日常英語ライティング・リスニング
    2015年02月
    1,980円

  • ハイディ矢野の4コマ漫画で学ぶネイティブ発音・リスニング
    2007年10月
    2,090円

  • 公式TOEIC Listening & Reading プラクティスリスニング編
    2020年08月
    3,300円

  • テロリストハンティングFUKUSHIMA MISSION
    2018年12月
    1,320円

  • マーケティングオートメーション スペシャリストになるための教科書
    2020年08月13日頃
    2,739円

  • ホリスティック・ヒーリング
    2004年12月
    2,640円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日頃
    1,650円

  • 絶対『英語の耳』になる!クールなネイティヴ英語で鍛える!口語表現&スラング・リスニング200
    2014年02月05日頃
    2,640円

  • ホリスティックヒーリング
    2018年09月01日頃
    1,320円

  • アクティブリスニングなぜかうまくいく人の「聞く」技術
    2015年05月
    1,540円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,958円

  • CFO視点で考えるリスクファイナンス -顧客本位のコンサルティングセールスー
    2018年10月25日頃
    2,970円

  • メタヒューリスティクスとナチュラルコンピューティング
    2012年01月
    2,860円

  • スヌーピーと学ぶライティングとリスニング
    2011年01月
    2,200円

  • リスクバジェッティング
    2002年04月
    10,780円

  • 【輸入楽譜】ジェルジュ・リゲティ: アトモスフェール: リスニング・ラブ: 音楽研究資料集 第2巻
    1970年01月01日頃
    9,460円

  • 【輸入楽譜】60年代のアルティメット・ソング集/ジョーンズ編曲/クリスピン編
    1970年01月01日頃
    5,940円

  • 【輸入楽譜】スティング: ポリス - マジック/Johnsen編曲: スコアとパート譜セット
    1970年01月01日頃
    19,470円

  • 【輸入楽譜】マンハイム・スチームローラー: インストゥルメンタル・プレイ・アロング: マンハイム・スティームローラーのクリスマス曲集 - アルト・サクソフォン編: オーディオ・オンライン・アクセスコード付
    1970年01月01日頃
    2,970円

  • PNP1238 アルティメット クリスチャンウェディング ミュージックキット CD付き ピアノ/ヴォーカル/ギター (ハルレナード)
    2012年12月07日頃
    4,400円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リスティング広告とは

リスティング広告とは(リスティング、SEM、PPC、P4P、検索連動型広告)

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果に表示されるテキスト広告のことです。検索されたキーワードに応じて異なる広告を出稿することができます。 この記事では、リスティング広告(リスティング)について基本的な内容を解説していきます。リスティングについて、お困りな事がございましたら、お気軽にお問い合わせください。   目次1 リスティング広告の別称2 リスティング広告の特 … もっと読む


CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは、クリック率のことです。広告の表示回数に対して、どのくらいクリックされたかの割合を表します。   CTRは以下の計算式によって求められます。 クリック数 ÷ 表示回数 × 100= CTR(%)   例えば、広告が1,000回表示され、そのうち10回クリックされた場合のCTRは1%になります。(10÷1,000×100=1%) … もっと読む

CV(Conversion)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは、ウェブサイトのゴール・目的・成果を指します。Conversionは、英語で「変換」「転換」を意味しています。 ユーザーがコンバージョンに到った回数をコンバージョン数といい、1回につき1コンバージョンと数えます。 コンバージョンの定義はウェブサイトによって異なり、商品購入・予約・お問い合わせ・資料請求・会員登録などが考えられます。 リスティング広 … もっと読む

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは、コンバージョン単価のことです。1回あたりのコンバージョンに掛かった費用を指しています。ちなみにAcquisitionは英語で「獲得」「取得」を意味しています。   目次1 CPAの計算式2 もう一つのCPA計算式2.1 CPAを低く抑えるためには3 CPAの目安4 まとめ CPAの計算式 CPAは … もっと読む

CVR(Conversion Rate)とは

CVR(Conversion Rate)とは

CVR(Conversion Rate)とは、コンバージョン率のことです。英語でそのままコンバージョンレートとも言われます。コンバージョン率は、ウェブサイトへの訪問者がどのくらいの割合でコンバージョンに到ったのかを示しています。   CVRは以下の計算式により求められます。 コンバージョン数 ÷ クリック数 × 100 = CVR(%)   例えば、10件のコンバージョンを獲得 … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。

 

ツイアズ
ツイッター広告に関するメディアです。

2020年9月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930