リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

RLSA(Remarketing List for Search Ads)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RLSA(Remarketing List for Search Ads)とは、検索広告向けリマーケティング広告と呼ばれ、自社のウェブサイトに訪問したことがあるユーザーが特定のキーワードを検索した際に配信される広告のことです。通常のリターゲティング・リマーケティング広告はディスプレイ広告であることに対して、RLSAは検索広告向けになります。

 

Google Adwords、Yahoo!スポンサードサーチとも設定することができますが、RLSAはAdwords側の名称で、Yahoo!ではディスプレイ広告と同様にサイトリターゲティングとなっています。ここではRLSAで統一させていただきます。

サイトリターゲティングとは、過去に広告主様のサイトを訪問したことがあり、かつ検索サイトで商品やサービスを検索しているインターネットユーザーに対し、スポンサードサーチの広告を表示するターゲティング機能です。

引用:サイトリターゲティングとは – Yahoo!スポンサードサーチ

 

RLSAの始め方

  1. アカウント開設
  2. 管理画面からタグ発行
  3. ウェブサイトへ設置
  4. キャンペーン、広告グループ、キーワード、広告を設定
  5. ユーザーリストに関連付け
  6. 配信開始

Adwordsでは共有ライブラリからタグを発行、Yahooではスポンサードサーチタブのターゲットリスト管理からタグを発行します。あとは通常の検索広告を設定する流れで進み、最後にユーザーリストを関連付ければ完了です。

 

RLSAのメリット

RLSAのメリットは、すでに自社ウェブサイトへ訪れたことのある見込み顧客をターゲットに設定できることです。そういった確度の高いユーザーはCTRCVRが高くなる傾向にありますので、うまく活用できるとリスティング広告の効果が飛躍的に高まります。

RLSAでは予算を多く配分できるようにキャンペーンを別にしたり、入札単価を高くして広告ランクを高くできるようにしましょう。またショッピングカートに商品を入れた、あるいはお問い合わせフォームまで進んだユーザーをリマーケティングリストにすれば、さらに興味のあるユーザーをターゲットにできるでしょう。

 

RLSAのデメリット

RLSAのデメリットとしては、ある程度の流入数が多いウェブサイトでなければ活用が難しくなります。検索向けリマーケティングリストのサイズは1,000以上出なければ広告が配信されません。

Google 検索ネットワークでリマーケティング リストを使用できるようになるのは、リストに 1,000 件以上の Cookie が記録されてからになります。これは、ユーザーのプライバシーを保護するためです。

引用:検索広告向けリマーケティング リストの概要

ちなみに通常のディスプレイ広告のリマーケティングであれば、過去30日間のアクティブ ユーザー数が100人以上で配信が可能になります。

 

RLSAについて動画で解説

グーグルが提供しているRLSAの動画解説がありましたので、より詳しく知りたい方はご確認ください。

RLSAの活用事例もありますので、非常に参考になります。

  • 航空業界関連企業
  • 人材業界関連企業

 

まとめ

  • RLSAとは、検索広告向けリマーケティング
  • RLSAは通常の検索広告と比較してCTRやCVRが高い傾向

RLSAについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?既にコンバージョンしたユーザーに対して配信したくなければ除外設定も可能になりますので、こちらも追加で設定したほうが良いでしょう。

 

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • リスティング広告成功の法則新版
    2013年04月
    1,728円

  • リスティング広告成功のための実践テクニック
    2015年04月
    1,728円

  • リスティング広告プロの思考回路
    2011年12月
    2,376円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

  • リスティング広告成功の法則 改訂第3版(仮)
    2017年10月23日
    1,728円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リスティング広告とは

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果に表示されるテキスト広告のことです。検索されたキーワードに応じて異なる広告を出稿することができます。 リスティング広告について基本的な内容を解説していきます。   目次1 リスティング広告の別称2 リスティング広告の特徴2.1 検索連動型2.2 クリック課金型2.3 オークション制2.4 低予算でも出稿できる3 主なリスティン … もっと読む


CV(Conversion)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは、ウェブサイトのゴール・目的・成果を指します。Conversionは、英語で「変換」「転換」を意味しています。 ユーザーがコンバージョンに到った回数をコンバージョン数といい、1回につき1コンバージョンと数えます。 コンバージョンの定義はウェブサイトによって異なり、商品購入・予約・お問い合わせ・資料請求・会員登録などが考えられます。 リスティング広 … もっと読む

SEM(Search Engine Merketing)とは

SEM(Search Engine Marketing)とは

SEM(Search Engine Marketing)とは、検索エンジンマーケティング、つまり検索エンジンのユーザーに対してマーケティング活動を行うことを意味しています。   目次1 SEMの定義2 SEMの重要性3 SEMの具体的な方法3.1 SEO3.2 リスティング広告3.3 その他4 まとめ SEMの定義 SEMにはSEOも含まれていますが、特にリスティング広告を指すことが多い … もっと読む

インプレッションシェアとは

インプレッションシェアとは

インプレッションシェアとは、広告表示機会の総数のうち、実際に広告が表示された回数の割合です。 引用:インプレッションシェアとインプレッション損失率について – Yahoo! インプレッション シェア(IS)は、広告が表示可能だった合計回数のうち、広告が実際に表示された回数が占める割合です。 インプレッション シェア = 表示回数 / 広告が表示可能だった合計回数 引用:インプレッション … もっと読む

フリークエンシー(Frequency)とは

フリークエンシー(Frequency)とは

フリークエンシー(Frequency)とは、一人のユーザーに対する広告の接触頻度のことです。フリークエンシーは英語で「回数」や「頻度」を意味しています。 基本的にはディスプレイ広告で活用される指標で、フリークエンシーを最適にすることで、広告効果が高まると考えられています。   目次1 フリークエンシーコントロール2 フリークエンシーのレポート3 フリークエンシーキャップの最適な設定と効果 … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
友だち追加
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031