リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

RLSA(Remarketing List for Search Ads)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RLSA(Remarketing List for Search Ads)とは、検索広告向けリマーケティング広告と呼ばれ、自社のウェブサイトに訪問したことがあるユーザーが特定のキーワードを検索した際に配信される広告のことです。通常のリターゲティング・リマーケティング広告はディスプレイ広告であることに対して、RLSAは検索広告向けになります。

 

Google Adwords、Yahoo!スポンサードサーチとも設定することができますが、RLSAはAdwords側の名称で、Yahoo!ではディスプレイ広告と同様にサイトリターゲティングとなっています。ここではRLSAで統一させていただきます。

サイトリターゲティングとは、過去に広告主様のサイトを訪問したことがあり、かつ検索サイトで商品やサービスを検索しているインターネットユーザーに対し、スポンサードサーチの広告を表示するターゲティング機能です。

引用:サイトリターゲティングとは – Yahoo!スポンサードサーチ

 

RLSAの始め方

  1. アカウント開設
  2. 管理画面からタグ発行
  3. ウェブサイトへ設置
  4. キャンペーン、広告グループ、キーワード、広告を設定
  5. ユーザーリストに関連付け
  6. 配信開始

Adwordsでは共有ライブラリからタグを発行、Yahooではスポンサードサーチタブのターゲットリスト管理からタグを発行します。あとは通常の検索広告を設定する流れで進み、最後にユーザーリストを関連付ければ完了です。

 

RLSAのメリット

RLSAのメリットは、すでに自社ウェブサイトへ訪れたことのある見込み顧客をターゲットに設定できることです。そういった確度の高いユーザーはCTRCVRが高くなる傾向にありますので、うまく活用できるとリスティング広告の効果が飛躍的に高まります。

RLSAでは予算を多く配分できるようにキャンペーンを別にしたり、入札単価を高くして広告ランクを高くできるようにしましょう。またショッピングカートに商品を入れた、あるいはお問い合わせフォームまで進んだユーザーをリマーケティングリストにすれば、さらに興味のあるユーザーをターゲットにできるでしょう。

 

RLSAのデメリット

RLSAのデメリットとしては、ある程度の流入数が多いウェブサイトでなければ活用が難しくなります。検索向けリマーケティングリストのサイズは1,000以上出なければ広告が配信されません。

Google 検索ネットワークでリマーケティング リストを使用できるようになるのは、リストに 1,000 件以上の Cookie が記録されてからになります。これは、ユーザーのプライバシーを保護するためです。

引用:検索広告向けリマーケティング リストの概要

ちなみに通常のディスプレイ広告のリマーケティングであれば、過去30日間のアクティブ ユーザー数が100人以上で配信が可能になります。

 

RLSAについて動画で解説

グーグルが提供しているRLSAの動画解説がありましたので、より詳しく知りたい方はご確認ください。

RLSAの活用事例もありますので、非常に参考になります。

  • 航空業界関連企業
  • 人材業界関連企業

 

まとめ

  • RLSAとは、検索広告向けリマーケティング
  • RLSAは通常の検索広告と比較してCTRやCVRが高い傾向

RLSAについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?既にコンバージョンしたユーザーに対して配信したくなければ除外設定も可能になりますので、こちらも追加で設定したほうが良いでしょう。

 

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-,


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リスティング広告とは

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果に表示されるテキスト広告のことです。検索されたキーワードに応じて異なる広告を出稿することができます。 リスティング広告について基本的な内容を解説していきます。   目次1 リスティング広告の別称2 リスティング広告の特徴2.1 検索連動型2.2 クリック課金型2.3 オークション制2.4 低予算でも出稿できる3 主なリスティン … もっと読む

CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは、クリック単価のことです。1回のクリックで発生する費用のことを指しています。 当然ですが同じ予算であればCPCが低いほど、多くのクリックを獲得することができます。CPCを下がることが効率的なリスティング広告の運用には重要な要素になります。   目次1 入札単価とCPCの違い2 平均CPCの算出式3 平均CPCの目安4 CPCを下げるためには4.1 … もっと読む

インプレッション数(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは広告の表示回数のことです。インプ(imp)と略されることもありますし、単位としても用いられます。1回の広告表示を1インプレッション、または1インプと呼びます。 リスティング広告はクリック課金型であるため広告の表示で課金されることはありませんが、ディスプレイ広告ではインプレッション課金型の広告もあります。   目次1 インプレッションと似ている用 … もっと読む

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは、コンバージョン単価のことです。1回あたりのコンバージョンに掛かった費用を指しています。ちなみにAcquisitionは英語で「獲得」「取得」を意味しています。   目次1 CPAの計算式2 もう一つのCPA計算式2.1 CPAを低く抑えるためには3 CPAの目安4 まとめ CPAの計算式 CPAは … もっと読む

インタレストカテゴリとは

インタレストカテゴリとは

インタレストカテゴリとは、ユーザーが持っている特定の興味関心カテゴリに基づいて広告を配信することです。 興味関心に基づいた広告はいくつかありますが、その中でも特定の興味関心を持つと判断されたユーザーにターゲティングできるものが「インタレストカテゴリ」です。インタレストカテゴリは、GDN(Google Display Network)・YDN(Yahoo Display Network)とも利用可能 … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
友だち追加
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930