リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

フリークエンシー(Frequency)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリークエンシー(Frequency)とは、一人のユーザーに対する広告の接触頻度のことです。フリークエンシーは英語で「回数」や「頻度」を意味しています。

基本的にはディスプレイ広告で活用される指標で、フリークエンシーを最適にすることで、広告効果が高まると考えられています。

 

フリークエンシーコントロール

フリークエンシーを調整することをフリークエンシーコントロールといいます。

フリークエンシーは高すぎると、一人のユーザーに何度も同じ広告が表示されるため、ネガティブなイメージを持たれる可能性があります。リターゲティング(リマーケティング)を実施している場合には、特にですね。

リスティング広告ではそうならないように、フリークエンシーキャップという機能があります。例えば、1日に5回まで・1週間に20回までなど、一定期間に一人のユーザーに表示されるインプレッションを制限することができます。

 

ただしフリークエンシーが低すぎると機会損失にもつながりかねません。フリークエンシーが高い方がユーザーの認知度が高まることもあります。高すぎず、低すぎず、最適なフリークエンシーになるようにコントロールしなければならないのです。

 

フリークエンシーのレポート

フリークエンシーのレポートはGoogle Adwords・Yahoo!プロモーション広告とも管理画面で確認することができます。Google Adwordsでは「平均表示頻度」、Yahoo!プロモーション広告(YDN)では「フリークエンシーレポート」になります。

フリークエンシーごとのCTR・CVR・CPAを確認して、最適なフリークエンシーキャップを設定してみてください。

 

フリークエンシーキャップの最適な設定と効果

フリークエンシーキャップの最適な設定と効果については、業界や商品・サービスによって異なると考えられるため、一概に言えることではありません。自身のアカウントで色々と試してみて、検証していくのが良いと思います。

また複数のバナーやテキストでローテーションさせたり、差し替えたりして、飽きさせないような施策も考えてみてください。

 

まとめ

  • フリークエンシーとは1ユーザーあたりのインプレッション数
  • フリークエンシーキャップで最適な広告運用ができる

フリークエンシーについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?リターゲティングの効果が悪くなってきたと感じている方は、フリークエンシーが原因かもしれません。是非レポートで確認してみてください。

 

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • リスティング広告成功のための実践テクニック
    2015年04月
    1,728円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • リスティング広告プロの思考回路
    2011年12月
    2,376円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-, , ,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リスティング広告とは

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果に表示されるテキスト広告のことです。検索されたキーワードに応じて異なる広告を出稿することができます。 リスティング広告について基本的な内容を解説していきます。   目次1 リスティング広告の別称2 リスティング広告の特徴2.1 検索連動型2.2 クリック課金型2.3 オークション制2.4 低予算でも出稿できる3 主なリスティン … もっと読む


CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは、クリック単価のことです。1回のクリックで発生する費用のことを指しています。 当然ですが同じ予算であればCPCが低いほど、多くのクリックを獲得することができます。CPCを下がることが効率的なリスティング広告の運用には重要な要素になります。   目次1 入札単価とCPCの違い2 平均CPCの算出式3 平均CPCの目安4 CPCを下げるためには4.1 … もっと読む

インプレッション数(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは広告の表示回数のことです。インプ(imp)と略されることもありますし、単位としても用いられます。1回の広告表示を1インプレッション、または1インプと呼びます。 リスティング広告はクリック課金型であるため広告の表示で課金されることはありませんが、ディスプレイ広告ではインプレッション課金型の広告もあります。   目次1 インプレッションと似ている用 … もっと読む

CV(Conversion)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは、ウェブサイトのゴール・目的・成果を指します。Conversionは、英語で「変換」「転換」を意味しています。 ユーザーがコンバージョンに到った回数をコンバージョン数といい、1回につき1コンバージョンと数えます。 コンバージョンの定義はウェブサイトによって異なり、商品購入・予約・お問い合わせ・資料請求・会員登録などが考えられます。 リスティング広 … もっと読む

広告表示オプションとは

広告表示オプションとは

広告表示オプションとは、リスティング広告の広告文に情報を追加できる機能です。 リスティング広告において必須となる広告文の項目は「タイトル」「説明文」「最終ページURL(最終リンク先URL)」がありますが、それらに加えて商品やサービスの特徴を付与することができます。   目次1 広告表示オプションのメリット2 広告表示オプションの設定3 広告表示オプションが表示されない場合4 広告表示オプ … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2018年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728