リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

インプレッションシェアとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インプレッションシェアとは、広告表示機会の総数のうち、実際に広告が表示された回数の割合です。

引用:インプレッションシェアとインプレッション損失率について – Yahoo!

インプレッション シェア(IS)は、広告が表示可能だった合計回数のうち、広告が実際に表示された回数が占める割合です。

インプレッション シェア = 表示回数 / 広告が表示可能だった合計回数

引用:インプレッション シェアについて – Adwordsヘルプ

リスティング広告では設定したキーワードで検索されたときに常に表示されるものではありません。管理画面のレポートでインプレッションシェアの項目を見ることで、どのくらいの割合で表示されているのか、あるいは表示されていないのかを確認することができます。

 

インプレッションシェアが低い場合

インプレッションシェアが低い場合、広告を表示させるべき検索ユーザーに十分にリーチ出来ていない可能性が考えられます。つまり機会損失です。

インプレッションシェアは必ず高くなければいけないということはありませんが、メインとなるキーワードでは100%を目指すべきです。(例えば、商品名やブランド、効率良く獲得できているキーワードなど)

一般的には効果の高いキーワード・広告グループ・キャンペーンのインプレッションシェアを高めることで、インプレッションが増加する⇒クリックが増加する⇒CV(コンバージョン)が増加します。

 

インプレッションシェアを高めるためには

インプレッションシェアが低い理由は、予算または広告ランクが低いことにあります。

1日の予算

キャンペーン単位で1日の予算を設定することができますが、低く設定していると本来の広告を表示できるタイミングを失います。日中に1日の予算を消化してしまっている場合やキャンペーン予算の上限まで消化してしまっている場合には、予算を引き上げてみましょう。

広告ランク

広告ランクが低い場合もインプレッションシェアが下がる要因になります。簡単に言えば、競合よりも掲載順位が低いために表示させることができていないということです。この場合のインプレッションシェアを高める方法は、広告の品質を改善するか、入札単価の設定を上げるなどの対策を取る必要があります。

 

予算および広告ランクにより表示機会が失われている場合、インプレッション損失率によって、それぞれの損失率を確認することができます。

 

その他

インプレッションシェアが低い理由は上記の2点ですが、ターゲットを絞り込むことで解消されることもあります。

例えば、ターゲットとなるエリアを絞り込むことで、そもそもの表示総数を限定することができます。キーワードのマッチタイプが部分一致の場合には、除外ワードの設定も有効であると考えられます。

つまり無駄なインプレッションを減らして効率化するということです。これはインプレッションシェアということに限らず、リスティング広告の運用では重要なポイントになりますね。

 

完全一致のインプレッションシェア

Google AdwordsやYahoo!プロモーション広告の管理画面のレポートでインプレッションシェアを確認することができますが、完全一致のインプレッションシェアというのもあります。

通常のインプレッションシェアが部分一致を示すものであることに対して、完全一致のインプレッションシェアでは登録したキーワードそのもののインプレッションシェアが分かります。

例えば「リスティング」というキーワードを登録した場合、通常のインプレッションシェアでは「リスティング広告」などのような検索クエリを含むシェアを表しますが、完全一致のインプレッションシェアでは「リスティング」という検索クエリのみのシェアを示します。

 

まとめ

  • インプレッションシェアとは、広告表示機会の総数のうち、実際に広告が表示された回数の割合
  • メインのキーワードではインプレッションシェアを高めるべき
  • インプレッションシェアは予算と広告ランクで高められる

インプレッションシェアについて、ご理解いただけましたでしょうか?もっと表示回数を増やしたいといった場合には、インプレッションシェアを確認してみてください。次に打つ手が見つかるかもしれません。

 

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • リスティング広告成功のための実践テクニック
    2015年04月
    1,728円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • リスティング広告プロの思考回路
    2011年12月
    2,376円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リスティング広告とは

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果に表示されるテキスト広告のことです。検索されたキーワードに応じて異なる広告を出稿することができます。 リスティング広告について基本的な内容を解説していきます。   目次1 リスティング広告の別称2 リスティング広告の特徴2.1 検索連動型2.2 クリック課金型2.3 オークション制2.4 低予算でも出稿できる3 主なリスティン … もっと読む


CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは、クリック率のことです。広告の表示回数に対して、どのくらいクリックされたかの割合を表します。   CTRは以下の計算式によって求められます。 クリック数 ÷ 表示回数 × 100= CTR(%)   例えば、広告が1,000回表示され、そのうち10回クリックされた場合のCTRは1%になります。(10÷1,000×100=1%) … もっと読む

インプレッション数(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは広告の表示回数のことです。インプ(imp)と略されることもありますし、単位としても用いられます。1回の広告表示を1インプレッション、または1インプと呼びます。 リスティング広告はクリック課金型であるため広告の表示で課金されることはありませんが、ディスプレイ広告ではインプレッション課金型の広告もあります。   目次1 インプレッションと似ている用 … もっと読む

インタレストカテゴリとは

インタレストカテゴリとは

インタレストカテゴリとは、ユーザーが持っている特定の興味関心カテゴリに基づいて広告を配信することです。 興味関心に基づいた広告はいくつかありますが、その中でも特定の興味関心を持つと判断されたユーザーにターゲティングできるものが「インタレストカテゴリ」です。インタレストカテゴリは、GDN(Google Display Network)・YDN(Yahoo Display Network)とも利用可能 … もっと読む

リターゲティング(Retargeting)とは

リターゲティング(Retargeting)とは

リターゲティング(Retargeting)とは、過去にウェブサイトへ訪問したことのあるユーザーをターゲティングして再来訪を促す広告のことです。 一般的にはリターゲティングと言いますが、Google Adwordsのリターゲティングを特に「リマーケティング(Remarketing)」、Yahoo!プロモーション広告では「サイトリターゲティング」とも言います。   リターゲティングは以前まで … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2018年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728