リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

CVR(Conversion Rate)とは

注目の<運用広告>の求人募集を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CVR(Conversion Rate)とは、コンバージョン率のことです。英語でそのままコンバージョンレートとも言われます。コンバージョン率は、ウェブサイトへの訪問者がどのくらいの割合でコンバージョンに到ったのかを示しています。

 

CVRは以下の計算式により求められます。

コンバージョン数 ÷ クリック数 × 100 = CVR(%)

 

例えば、10件のコンバージョンを獲得するために1,000クリックされたなら、CVRは1%となります。

CVRを高めることは、CPA(コンバージョン単価)を下げることにつながりますので、効率的なリスティング広告の運用のためには重要な指標になります。

 

CVRの目安

CVRはどのくらいが適正なのかという基準や目安はありません。CPA(コンバージョン単価)と同様ですが、コンバージョンの定義がウェブサイト毎に異なるためです。

無料の会員登録のようなハードルの低いコンバージョンであればCVRは高く、高額な商品購入の場合にはCVRが低くなる傾向にあります。

 

CVRを高めるために

CVRを高めるためには、いくつかの方法が考えられますが、無駄な配信を減らし、ターゲットにしっかり届けることが重要です。

キーワード変更

ビッグワードよりもスモールワードのほうがCVRが高まる傾向にあります。

例えば、「リスティング」よりも「リスティング 委託」のような掛け合わせワードの方がニーズが明確になっているのでCVRが高いと考えられます。

 

 

広告文・バナー変更

クリックは多くされるけれど、コンバージョンしない場合には広告文やバナーの見直しをしてみるのも良いでしょう。

テキストや画像で商材の特徴を明確にしたり、コンバージョンとなる会員登録や資料請求などのボタンを設置してみてください。

ターゲティング変更

リスティング広告では効果の悪いターゲットは除外していきCVRを高めることができます。例えば、パソコンでのコンバージョンが多く、スマートフォンではコンバージョンしない商材であれば、スマートフォンのみ配信しないように設定ができます。

また特定のエリアでのみビジネスを展開している場合には、エリアターゲティングも可能です。そのほか、時間帯や曜日によっても配信をコントロールすることができます。

ランディングページ変更

そもそも魅力的な商材でなければCVRは上がりません。ランディングページでは商品の魅力を存分に紹介していきましょう。

またデザイン面でもテクニックが必要です。ファーストビューにアクションボタンを設置することやボタンの色を目立たせるなども試してみてはいかがでしょうか。

入力フォーム変更

リスティング広告を実施する多くの場合、コンバージョンに到るまでに個人情報の入力を求めます。この入力フォームが面倒でコンバージョンせずに離脱してしまう場合もあります。

入力項目やデザイン、ユーザビリティを見直してスムーズに内容を送信できるように改善しましょう。

コンバージョン変更

コンバージョンのハードルが高く、なかなかCVRが上がらない場合には、コンバージョン自体を変更してみてはどうでしょうか?

商品の購入はしなくても、会員登録や資料請求はしてくれるかもしれません。継続的にメールでアプローチして最終的に購入につなげるというのも手段のひとつです。

その他

期間限定キャンペーン・割引または価格改定・チラシ配布など、CVRを高める方法はいくつも考えられます。

 

まとめ

  • CVRはコンバージョン率
  • CVRを高めるためには以下の変更、見直し
    キーワード
    広告文、バナー
    ターゲティング
    ランディングページ
    入力フォーム
    コンバージョン

いかがでしたでしょうか?CVRを高める方法はいくつもありますので、日々の運用改善も大事ですが、アイデアを出して成果を上げてみてください。

 

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本新版
    2018年10月
    1,944円

  • リスティング広告のやさしい教科書。
    2018年06月
    2,376円

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年07月
    1,998円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-, , ,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リスティング広告とは

リスティング広告とは(リスティング、SEM、PPC、P4P、検索連動型広告)

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果に表示されるテキスト広告のことです。検索されたキーワードに応じて異なる広告を出稿することができます。 この記事では、リスティング広告(リスティング)について基本的な内容を解説していきます。リスティングについて、お困りな事がございましたら、お気軽にお問い合わせください。   目次1 リスティング広告の別称2 リスティング広告の特 … もっと読む


CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは

CPC(Cost Per Click)とは、クリック単価のことです。1回のクリックで発生する費用のことを指しています。 当然ですが同じ予算であればCPCが低いほど、多くのクリックを獲得することができます。CPCを下がることが効率的なリスティング広告の運用には重要な要素になります。   目次1 入札単価とCPCの違い2 平均CPCの算出式3 平均CPCの目安4 CPCを下げるためには4.1 … もっと読む

インタレストカテゴリとは

インタレストカテゴリとは

インタレストカテゴリとは、ユーザーが持っている特定の興味関心カテゴリに基づいて広告を配信することです。 興味関心に基づいた広告はいくつかありますが、その中でも特定の興味関心を持つと判断されたユーザーにターゲティングできるものが「インタレストカテゴリ」です。インタレストカテゴリは、GDN(Google Display Network)・YDN(Yahoo Display Network)とも利用可能 … もっと読む

リターゲティング(Retargeting)とは

リターゲティング(Retargeting)とは

リターゲティング(Retargeting)とは、過去にウェブサイトへ訪問したことのあるユーザーをターゲティングして再来訪を促す広告のことです。 一般的にはリターゲティングと言いますが、Google Adwordsのリターゲティングを特に「リマーケティング(Remarketing)」、Yahoo!プロモーション広告では「サイトリターゲティング」とも言います。   リターゲティングは以前まで … もっと読む

フリークエンシー(Frequency)とは

フリークエンシー(Frequency)とは

フリークエンシー(Frequency)とは、一人のユーザーに対する広告の接触頻度のことです。フリークエンシーは英語で「回数」や「頻度」を意味しています。 基本的にはディスプレイ広告で活用される指標で、フリークエンシーを最適にすることで、広告効果が高まると考えられています。   目次1 フリークエンシーコントロール2 フリークエンシーのレポート3 フリークエンシーキャップの最適な設定と効果 … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2019年8月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031