リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

【Google Adwords】ラベル機能とは

注目の<運用広告>の求人募集を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Adwordsにおけるラベル機能とは、キャンペーン・広告グループ・広告・キーワードを自由にカテゴライズすることができる機能です。ラベル毎にフィルタを掛けられるので、気になるデータを素早く抽出して、レポート作成の時間を節約できます。

YDNリターゲティングにもラベル機能がありますが、特定のページを分類する機能になりますので、今回の話とは異なります。またYahoo!スポンサードサーチにはGoogle Adwordsのラベル機能と似た「ウォッチリスト」という機能がありますが、できることが少なくあまり活用できません。

というわけで、今回はGoogle Adwordsの便利なラベル機能について紹介していきます。

 

ラベル機能の特徴

ラベル機能の特徴

ラベル機能を利用しない通常の運用では、キーワードや広告を広告グループまたはキャンペーン単位で管理されます。広告グループに複数のキーワードや広告が含まれていて、インプレッションやクリック数・CPC(クリック単価)などのデータをまとめて分析することができます。キャンペーンでも同様に複数の広告グループが含まれていて、キャンペーン単位での分析が可能になります。

ただ、広告グループやキャンペーンをまたいだ分析はフィルタ機能で抽出したり、エクセルにレポートをダウンロードしたりと一手間が必要でした。そこで、ラベル機能を利用することで素早く対象のデータを抽出して分析ができるようになるわけです。

 

フィルタ機能との違い

フィルタ機能との違い

ラベル機能と似たものにフィルタ機能があります。フィルタ機能は特定の条件を満たすデータのみを抽出します。たとえば、インプレッション数が100以上のキーワードのみ・コンバージョンが10件以上のキャンペーンのみ・部分一致のキーワードのみ・特定のテキストが含まれる広告グループのみといった具合です。よく使うフィルタの条件はあらかじめ保存しておき、都度入力することなく分析することも可能です。

大きな違いはラベル機能ではラベル毎の比較ができるということかと思います。ラベル機能では「詳細分析」からラベル毎のレポートを確認する事ができます。複数のラベルを比較できるので、どのラベルのカテゴリが最も成果を挙げているのか一目瞭然になります。

 

アカウント単位でのラベル機能

アカウント単位でのラベル機能

MCCを利用することで複数のアカウントを管理できるようになります。

リスティング広告で効率的に複数のアカウントを運用する方法

MCCではアカウント単位でのラベル機能もあり、該当のアカウントを検索しやすくしたり、複数のアカウントをまたいだ分析が可能になります。動画も用意されていたので、お時間があれば確認してみてください。

 

まとめ

ラベル機能まとめ

大規模なアカウントになるほど便利な機能だと思います。ぜひラベル機能を活用して、よりデータの分析を深めてください。

 

参考:ラベルを使用してキャンペーンや広告グループを分類する Adwordsヘルプ

参考:ラベル機能とは – YDN

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • リスティング広告のやさしい教科書。
    2018年06月22日
    2,376円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本新版
    2018年10月
    1,944円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リスティング広告とは

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果に表示されるテキスト広告のことです。検索されたキーワードに応じて異なる広告を出稿することができます。 リスティング広告について基本的な内容を解説していきます。   目次1 リスティング広告の別称2 リスティング広告の特徴2.1 検索連動型2.2 クリック課金型2.3 オークション制2.4 低予算でも出稿できる3 主なリスティン … もっと読む


CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは、クリック率のことです。広告の表示回数に対して、どのくらいクリックされたかの割合を表します。   CTRは以下の計算式によって求められます。 クリック数 ÷ 表示回数 × 100= CTR(%)   例えば、広告が1,000回表示され、そのうち10回クリックされた場合のCTRは1%になります。(10÷1,000×100=1%) … もっと読む

インプレッション数(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは広告の表示回数のことです。インプ(imp)と略されることもありますし、単位としても用いられます。1回の広告表示を1インプレッション、または1インプと呼びます。 リスティング広告はクリック課金型であるため広告の表示で課金されることはありませんが、ディスプレイ広告ではインプレッション課金型の広告もあります。   目次1 インプレッションと似ている用 … もっと読む

CV(Conversion)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは、ウェブサイトのゴール・目的・成果を指します。Conversionは、英語で「変換」「転換」を意味しています。 ユーザーがコンバージョンに到った回数をコンバージョン数といい、1回につき1コンバージョンと数えます。 コンバージョンの定義はウェブサイトによって異なり、商品購入・予約・お問い合わせ・資料請求・会員登録などが考えられます。 リスティング広 … もっと読む

CVR(Conversion Rate)とは

CVR(Conversion Rate)とは

CVR(Conversion Rate)とは、コンバージョン率のことです。英語でそのままコンバージョンレートとも言われます。コンバージョン率は、ウェブサイトへの訪問者がどのくらいの割合でコンバージョンに到ったのかを示しています。   CVRは以下の計算式により求められます。 コンバージョン数 ÷ クリック数 × 100 = CVR(%)   例えば、10件のコンバージョンを獲得 … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2018年10月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031