リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

キーワード毎の直帰率をチェックして、運用改善に活かす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

単にリスティング広告を運用しているだけでは直帰率まではチェックする事ができません。直帰率をチェックするためにはアクセス解析ツールが必要になります。アクセス解析ツールと言えば無料で利用できるGoogle Analyticsが一般的でしょう。今回はGoogle Analyticsを利用して、リスティング広告の検索キーワード別の直帰率を確認する方法について紹介していきます。

 

なぜ直帰率を確認するのか?

なぜ直帰率を確認するのか?

直帰率は広告効果を測る上で重要な指標になります。直帰率が高い場合にはユーザーの必要とする情報がなかった、つまりCV(コンバージョン)にはつながりにくく効果の低い広告だったといわざるを得ません。直帰率の高い広告は停止するなり、予算を下げるなりの対応が必要になります。

もちろんコンバージョン件数のみを指標として運用を改善することもできるでしょう。しかしながら、そもそも予算が少なかったりコンバージョン件数が月に数件しか獲得できない場合には、コンバージョンベースでの見直しが難しくなります。獲得できた1件が偶然なのかどうかが判断できないからです。

そこで直帰率を確認することで、効果のあるキーワードだったかどうかが分かるわけです。クリック単価が高く費用が多く発生しているにも関わらず、コンバージョンが取れていない直帰率の高いキーワードは運用停止候補となります。同じようにコンバージョンが獲得できていなくても、直帰率が低いキーワードの場合には今後コンバージョンが獲得できる見込みがあるため、そのまま運用を継続するという選択肢もでてくるはずです。

 

Google Adwordsでキーワード毎の直帰率を確認する

Google Adwordsでキーワード毎の直帰率を確認する

Google Adwordsの場合、キーワード毎の直帰率を確認する方法は簡単で、Google AdwordsとGoogle Analyticsを連携すれば良いだけです。もちろんGoogle Analyticsで計測するための基本的な設定も必要です。連携するためには、Google Analyticsの管理画面から指定のAdwordsアカウントへのリンク設定を有効にします。

Google Analyticsには集客 > Adwordsという項目があるので、広告効果についてはそれで確認する事ができます。

 

Yahoo!スポンサードサーチでキーワード毎の直帰率を確認する

Yahoo!スポンサードサーチでキーワード毎の直帰率を確認する

Adwordsは連携するだけでしたのでカンタンですが、Yahoo!スポンサードサーチの場合には連携ができませんので、Yahoo!管理画面での設定が必要になります。キーワードの最終リンク先URLにパラメータを振るというもの可能ですが、数千・数万キーワードを入稿している場合には個別に設定をするのは少し手間が掛かってしまいます。そこでトラッキングテンプレートを利用します。

アカウント単位でトラッキングURLを設定する

Yahoo!スポンサードサーチのアカウント設定にトラッキングURLを設定する項目があります。トラッキングURLには下記のようなパラメータを付与したリンクを設定します。

{lpurl}?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=ss&utm_term={keyword}

上記のトラッキングURLを利用することでリスティング広告をクリックしたときのリンク先URLを動的に変更してくれます。{lpurl} には広告毎の最終リンク先URLが入力されます。{keyword} にはキーワードが入力されます。

Google Analytics管理画面で直帰率を確認する

上記のようなパラメータを付与すると、Yahoo!スポンサードサーチからの流入は 参照元 / メディア が Yahoo / cpc になります。さらにセカンダリディメンションでキーワードを選択すれば、キーワード毎の直帰率を確認することができるようになります。すべてのクリックに対して正確なデータを取得できるわけではないようで、(not set)になる場合も一部あります。

 

まとめ

キーワード毎に直帰率をチェックする方法まとめ

いかがでしたでしょうか?アクセス解析ツールを利用しないと分からないデータは沢山あります。その中でも直帰率はカンタンに調べることができ、かつインパクトの大きい指標になりますので、キーワード毎の直帰率をチェックしていない場合には、是非お試しください。

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • SEM:リスティング広告新版
    2012年09月
    2,376円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • リスティング広告成功のための実践テクニック
    2015年04月
    1,728円

  • 最速で成果を出すリスティング広告の教科書 〜Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応
    2015年04月
    1,922円

  • リスティング広告プロの思考回路
    2011年12月
    2,376円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング運用ノウハウ
-

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リスティング広告のロジックツリーとは

ロジックツリーとは?リスティング広告を改善する施策の見つけ方

ロジックツリーとは問題をツリー状にして解決策や対策を考える方法のことです。リスティング広告においてもロジックツリーは利用されています。改善に行き詰ったときなどに利用することで、次の一手が見つかりやすくなります。   目次1 リスティング広告のロジックツリー1.1 目的1.2 課題1.3 解決策2 もっと詳しく知りたい方!3 まとめ リスティング広告のロジックツリー Yahoo!プロモーシ … もっと読む


CPAを下げるためのたった二つの方法

リスティング広告でCPAを下げるためのたった二つの方法

CPAはリスティング広告における最も重要な指標といえます。そのためリスティング広告を運用する上でコンバージョンを計測することは必須であり、いかにCPAを抑えて効率的な運用をするかがポイントになります。今回は『CPAを下げるためのたった二つの方法』を紹介していきたいと思います。   目次1 CPCを下げる1.1 入札価格を下げる1.2 クリック単価の低いキーワードを追加する1.3 品質スコ … もっと読む

リスティング広告の初期設定で知っておきたいアカウント構造(キャンペーン・広告グループ・キーワード・広告)

リスティング広告の初期設定で知っておきたいアカウント構造(キャンペーン・広告グループ・キーワード・広告)

アカウント構造とは、キャンペーン・広告グループ・キーワード・広告を設定する際のグルーピングのことを示しています。キャンペーンはいくつ必要で、その中には広告グループがいくつで、それに紐付けるキーワードと広告はどれにするかというのをリスティング広告の初期設定時に考えておく必要があります。アカウント構造によってリスティング広告の効果が大きく変わることもありますので、深く理解しておく必要があります。 &n … もっと読む

タグマネージャー(GTM、YTM)でリスティング広告のタグを無料で一括管理!

タグマネージャー(GTM、YTM)でリスティング広告のタグを無料で一括管理!

タグマネージャーとは、その名のとおりタグを管理するツールのことです。タグマネジメントツール、ワンタグなどとも呼ばれています。 たとえば、リスティング広告にはコンバージョンタグ、リターゲティングタグ、さらにYahoo!スポンサードサーチ、Yahoo!ディスプレイネットワーク、Google Adwordsとそれぞれありますので、計6つのタグを管理する必要があります。一度ウェブサイトに設置してしまえば頻 … もっと読む

リスティング広告は地域ターゲティングで広告効果アップ!地域毎に入札単価を設定することも可

リスティング広告は地域ターゲティングで広告効果アップ!地域毎に入札単価を設定することも可

リスティング広告の機能の一つに『地域ターゲティング』があります。地域ターゲティングとは任意の地域・エリアにいるユーザーに対してのみ広告を表示する機能で、特にローカルビジネスを運営している企業には最も重要な機能の一つです。また地域毎に入札単価比率を調整することができますので、東京は強めに、埼玉は弱めにといったことも可能です。ターゲットとなる地域にいないユーザーに広告を配信してしまうと無駄なクリックが … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2018年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728