リスティングブログ

リスティング広告を運用するための情報ブログ

コンテンツ連動型広告(コンテンツマッチ)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツ連動型広告とは、閲覧しているウェブページの内容に合わせて異なる広告を表示するディスプレイ広告のことです。コンテンツマッチとも呼ばれています。

Google AdwordsやYahoo!プロモーション広告などで配信することのできるターゲティング広告の一種で、商材と関連するページに配信することでCTR(クリック率)が高く、CVR(コンバージョン率)が高くなります。

これから始めようとしている方に分かりやすく、Google AdwordsやYahoo!プロモーション広告のコンテンツ連動型広告について解説していきます。

 

コンテンツ連動型広告の特徴

コンテンツ連動型広告の特徴は検索連動型のリスティング広告とほとんど変わりません。(ディスプレイ広告である点を除いて)

  • クリック課金(or CPM課金)
  • 入札制
  • 自由な予算設定
  • テキストまたは画像

※Google Adwordsでは一部CPM課金を選択できますが、これから初めて実施する場合にはCPC課金を選択しておいて問題ないでしょう。

コンテンツ連動型広告の仕組み

ウェブページの内容は運営元であるGoogleやYahooが解析して、どのようなコンテンツであるのか判断しています。特にGoogleは検索エンジンの仕組みを作っていますので、そういった技術は得意なわけです。解析されたデータを基に、どのような広告を配信すれば良いのかを自動的に判別します。

コンテンツ連動型広告を配信する広告主は、管理画面にてターゲットを設定します。コンテンツ連動型広告のターゲットとは、どのようなウェブページに掲載するかということです。自動車の広告を配信するのに、ファッションのECサイトに配信しても意味がありませんね。自動車の広告であれば、自動車に関連するウェブサイトやブログが掲載面として有効なはずです。

コンテンツ連動型広告の種類

コンテンツ連動型広告にもターゲットの方法によって、いくつかの種類がありますので紹介します。

コンテンツターゲット(GDN)

任意のキーワードを設定することで、そのキーワードに関連するウェブページに配信されます。キーワードという自由度が高い反面、キーワード選定が成否を分ける重要なポイントになります。

トピックターゲティング(GDN)

ウェブページをカテゴリーに分類して、その中から任意のカテゴリーを選択することで配信されます。コンテンツターゲットほどの自由度はありませんが、キーワードを選ぶ必要がなく、カテゴリーも豊富にあります。トピックターゲティング一覧はこちら ≫

サイトカテゴリー(YDN)

トピックターゲティングと同じですが、YDNでの配信になります。

プレースメントターゲット(GDN、YDN)

特定のウェブサイト・ページを指定して配信することができます。GDN、YDNとも可能です。

プレイスメントターゲティング(Placement Targeting)とは

まとめ

コンテンツ連動型広告まとめ

コンテンツ連動型広告に対して、ユーザーの興味関心をターゲットにする広告をオーディエンスターゲティング広告・行動ターゲティング広告などといいます。リターゲティングインタレストカテゴリーなどが有名なところです。コンテンツ連動型広告もオーディエンスターゲティング広告も上手く活用して、コンバージョンの獲得を目指してください!

リスティング広告の運用代行いたします。

リスティング広告でお困りではないですか?以下のようなお悩みがございましたら、当サイトよりお問い合わせください。

  • インターネットで集客したい
  • リスティング広告を試してみたい
  • 成果が出なくて困っている
  • 代理店に不満がある
  • 運用・管理に時間が掛かる
  • ウェブサイト分析をしたい
  • 競合の状況を知りたい

無料コンサルティング実施中!あなたのアカウントを分析して、改善提案をさせていただきます。是非お問い合わせください。

お問い合わせ

【ためになる】リスティング広告の本・書籍

  • これからはじめるリスティング広告
    2017年06月26日
    1,998円

  • Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル
    2010年07月
    2,052円

  • いちばんやさしいリスティング広告の教本
    2014年07月
    1,814円

  • なぜ8割の企業がリスティング広告で失敗するのか?
    2014年06月10日
    1,620円

  • リスティング広告プロの思考回路
    2011年12月
    2,376円

SPONSORED

SPONSORED

-リスティング広告用語集
-,

執筆者

SNS


ご質問・ご要望・ご意見をお待ちしています!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リスティング広告とは

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果に表示されるテキスト広告のことです。検索されたキーワードに応じて異なる広告を出稿することができます。 リスティング広告について基本的な内容を解説していきます。   目次1 リスティング広告の別称2 リスティング広告の特徴2.1 検索連動型2.2 クリック課金型2.3 オークション制2.4 低予算でも出稿できる3 主なリスティン … もっと読む


CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは

CTR(Click Through Rate)とは、クリック率のことです。広告の表示回数に対して、どのくらいクリックされたかの割合を表します。   CTRは以下の計算式によって求められます。 クリック数 ÷ 表示回数 × 100= CTR(%)   例えば、広告が1,000回表示され、そのうち10回クリックされた場合のCTRは1%になります。(10÷1,000×100=1%) … もっと読む

インプレッション数(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは

インプレッション(Impression)とは広告の表示回数のことです。インプ(imp)と略されることもありますし、単位としても用いられます。1回の広告表示を1インプレッション、または1インプと呼びます。 リスティング広告はクリック課金型であるため広告の表示で課金されることはありませんが、ディスプレイ広告ではインプレッション課金型の広告もあります。   目次1 インプレッションと似ている用 … もっと読む

CV(Conversion)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは

CV(Conversion / コンバージョン)とは、ウェブサイトのゴール・目的・成果を指します。Conversionは、英語で「変換」「転換」を意味しています。 ユーザーがコンバージョンに到った回数をコンバージョン数といい、1回につき1コンバージョンと数えます。 コンバージョンの定義はウェブサイトによって異なり、商品購入・予約・お問い合わせ・資料請求・会員登録などが考えられます。 リスティング広 … もっと読む

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Acquisition / Cost Per Action)とは、コンバージョン単価のことです。1回あたりのコンバージョンに掛かった費用を指しています。ちなみにAcquisitionは英語で「獲得」「取得」を意味しています。   目次1 CPAの計算式2 もう一つのCPA計算式2.1 CPAを低く抑えるためには3 CPAの目安4 まとめ CPAの計算式 CPAは … もっと読む

本ブログでは、リスティング広告について解説しています。これから運用を開始しようとしている初心者から効果が出なくて悩んでいる上級者の方まで、役に立つ情報を提供できるように運営していきます。
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031